bcdaa31c

355: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 09:13:16.27 ID:Q3EcgNCL0.net
書きこんでも大丈夫かな。いつも読み専なので、初めて投稿します。 

小学校2年生くらいの事です。そのころの私はいわゆるぼっちで、いつも一人でいました。 
でも何故か一人だけ、友達がいたんです。 
その子と遊んだ記憶は全くないのに、お家に行った記憶だけあります。その子をAちゃんとします。 
 Aちゃんはとても気さくな子だったと思います。なにせぼっち族な私と一緒に帰ってくれるくらいです。 
申し訳ない事に、Aちゃんと一緒に帰ると決まってトイレに行きたくなりました。 
私「トイレ行きたい……」 
A「うちに来ればいいよ。トイレ貸してあげる」 
 学校から自宅までは歩いて30分くらいです。 
Aちゃんのお家は10分くらいで、どうしても我慢できないときだけ借りました。 
 今でもそうなのですが、私は酷い方向音痴でした。Aちゃんのお家は多少入り組んだところにあり、そのお家を出ると必ず道に迷いました。 
まともに帰れた記憶がありません。いくらか彷徨い、気がつくと元の道に戻っている事が多かったと思います。 
 あるとき、いつものようにAちゃんのお家でトイレを借りて行ったあと、ものすごく迷ってしまったことがあります。 
子供心に、とんでもなく遠いところまで来てしまったと感じました。 
 私は歩いている道は、太くて大きな一本の道でした。道の先に見える民家は一つだけで、他には何もないです。 
田んぼが広がっていて、先の方に山が見えました。道の先は山にしか向かってません。 
ヤバい。直感的に感じた私は、唯一あった民家に行きました。 
インターホンが無かったので、扉を叩きました。中からはおばあさんが一人出てきました。 
私「すみません」 
おばあさん「あらま、××さんのお孫さんじゃないの。こんなところでどうしたの?」 
私「おばあちゃん知ってるの?」 
おばあさん「そうよ。いつもお話ししてるのよ」 
 うちのお祖母ちゃんは顔が広い人なので私は納得しました。 
おばあさんは、お祖母ちゃんに連絡してあげるから、ちょっと休んでいきなさいと言ってくれました。玄関先でお茶とお菓子をもらって、お話ししたと思います。 
その後、お母さんが車で迎えに来てくれてお家に帰る事が出来ました。