1: のっぺらー ★ 2016/12/31(土) 13:46:01.94 ID:CAP_USER.net
「ゲゲゲの鬼太郎」などの妖怪像が並び、年間約200万人が訪れる鳥取県境港市の「水木しげるロード」のリニューアル事業で、新設する像18体のうち3体のスポンサーが未定のままになっている。
市観光協会はスポンサーなしでも平成29年5月にお披露目する方向で、新年の応募に希望をつなぐ。

市観光協会によると、3体は四国に伝わる三味線が化けた「三味長老」、ちょうちんから火を吸い取る石川県の「火取魔」、頭の前後に口を持つ千葉県や茨城県の「二口女」
いずれも市出身の漫画家故水木しげるさんが手掛けた「日本妖怪大全」に収められているが、知名度は低く印象も怖い。

対照的に、水木さんの漫画に登場した「テレビくん」や「ムーラちゃん」などのキャラクターには11月のスポンサー公募開始から早々に県内外のファンや地域貢献を希望する企業などが応募。
関係者は「残る3体にも早く支援者を見つけてあげたい」と気をもむ。

費用は1体につき120万円。
高さ約100~120センチで、台座のプレートにスポンサー名を刻む。
18体は29年5月の大型連休にJR境港駅前でお披露目し、秋以降に境港市の水木しげる記念館周辺の街頭に設置する。

同協会の古橋剛さんは「半永久的に残る像はPRにも有効。スポンサーになって新たなロードに名前を刻みませんか」と呼び掛けている。

水木しげるロードは既設の153体が並ぶ観光名所。
3体の画像や完成図などは市観光協会のホームページで閲覧でき、電話かファクス、電子メールで申し込む。

写真:妖怪「三味長老」のイラスト
no title

写真:妖怪「二口女」のイラスト
no title

写真:妖怪「火取魔」のイラスト
no title


境港市観光協会:新設妖怪ブロンズ像スポンサー公募
http://www.sakaiminato.net/site2/page/youkai_news/BRONZE2016/

以下ソース:産経west 2016.12.30 22:51
http://www.sankei.com/west/news/161230/wst1612300058-n1.html