1f622f44
455: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/02(月) 10:51:58.63 ID:hQ81KnJM0.net
洒落怖と迷ったけどこっちへ…従兄弟の兄ちゃんの話 
俺が高校の頃なんだけど部活で遅くなったもんで近道で霊園沿いの道路を通ったのよ 
そしたら背中にぞくりと悪寒を感じて耳元で何か囁かれた…ように感じた 
それは気のせいではなかったらしくその日枕元に女の人が立った 
夜中になんか気配を感じて目覚めた瞬間金縛りに 
目線だけ動かせるから横を見たら髪が長くて服が白い…事はなくショートヘアで服装は今風だけど 
凄い目つきの女の人がこっちを見下ろしながらニタニタ笑ってた 
そのまま意識が遠くなり目覚めたら朝だった 
それで終わりだったら良かったんだが忌々しい事にその次の日からも枕元に立ってきやがった 
見てしまうとダメな気がして起きても目は開けないようにしてたけどそれでも耳元でボソボソ囁いたりしてくる 
夢だと思うようにしてたけどそれが続くもんで心身共に疲れ切ってしまった 
親にも同級生にも先生にも心配されたけど変な意地であれは夢だからと自分に言い聞かせて 
周りの人には最近よく眠れないとしか言ってなかった 
実際に起こってる出来事だとは認めたくはなかったのからなのだが 
流石に4、5日も続くとこれ以上意地張るのも限界が来たもんで 
親に相談しようと思ってた頃に救世主が我が家に泊まりに来た 
従兄弟の兄ちゃんである