1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/06(金) 14:13:57.70 ID:dbNtB8nx0.net
意味がわからない

no title

no title

no title

no title

no title
うしみつ注:参考リンク
驚異の粘液深海生物?ヌタウナギを漁港で釣って食べる - デイリーポータルZ

ヌタウナギ
ヌタウナギ(饅鰻、沼田鰻、英語: Hagfish)は、ヌタウナギ綱に属する生物の総称、円口類の一群、またはその中の1種 Eptatretus burgeri の標準和名である。ヌタウナギは脊椎動物として最も原始的な一群であり、厳密な意味での魚類ではない。便宜上、広義には魚類として扱われる。
名前にウナギと付いているがウナギ目との類縁関係は遠く、同じ無顎類に属するヤツメウナギと近縁な生物である。
ヌタウナギの一大消費地は韓国であり、古くから庶民の滋養食として用いられてきた高級食材である。調理方法は藁を燃やして丸焼きにしたり、匂い付けに松葉を敷いて網焼きにする。ぶつ切りにして葱やコチュジャンで炒めたり、焼肉風に焼いて食べることもある。釜山などではヌタウナギ専門の料理店も存在する。
ヌタウナギの革はイールスキン(eel skin)と呼ばれる。イールスキンは独特の模様を持ち、牛革より強度が有り、かつしなやかである。韓国やアメリカではイールスキンで作った財布などが高級な革製品として流通している。繁殖力はそれほど強くないようで、食用や皮革用に集中的に漁獲すると資源が急速に枯渇してしまった事例が報告されている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ヌタウナギ