6343d4ed

※この記事は「2chまとめ」ではありません。
当ブログに関する話題となります。ご了承ください。

 

01



突然ですが黒ちゃん
映画や小説に出てくる「超能力」ってありますよね
黒ちゃんは超能力の名称を何種類挙げられますか?




07




えっ!?
あたしが使えるのは、サイコキネシスとテレパシー…
くらいかなぁ……




05



あらあら、まだまですねぇ…
今日は超能力にはどんな物があるのか、それを特集してみますよ!
最近、どうもオカルト要素が薄くなりがちでしたからねえ
はりきっていってみましょー!





01





金子の仕事を奪うってわけだな!
ばっちこーい!
(さっきのツッコミまだかな?)





秘められた人間の恐るべきパワー!
超能力の種類と内容を徹底解剖!!


古いオカルト本をいただいたので、その中から今回は「超能力」について特集をしてみます。
みなさんは何種類の超能力を挙げられますか?
どんな力か知っていても、名前を答えられない物もあるんじゃないでしょうか。
どんな漫画、映画の中で登場するかの作品例も挙げながら、ポツポツと書いていくのでどうぞご覧ください。



ESP能力(超感覚)
①精神感応(テレパシー)
相手の考えていることがわかる、という超感覚。
この能力は遠くに離れていても通じ、また、言語の違いを超越することが多い。また、はるか宇宙から異星人の交信を行なうのもこのテレパシー能力。

作品の中のテレパシー能力者

◆「十三番目の人格 ISOLA/貴志祐介」(小説)

主人公はエンパスと呼ばれる、テレパシー能力者の一種。
その能力を使い、阪神・淡路大震災で心の傷を負った人を癒すボランティアを行なっている。



◆「サイコメトラーEIJI/安童夕馬,朝基まさし」(漫画)
実写ドラマ化もした「サイコメトラーEIJI」ですが、この漫画に出てくるサイコメトリーも広義においてのテレパシーの一つです。物や人に宿った残留思念を読み取り、過去の記憶の断片に触れることができる能力です。
現在、ヤンマガで続編連載中。



②透視能力(クレヤボヤンス)
目を使わずにいろいろなものを見たり感じたりする能力。
人間の額に隠れた「第三の目」を使うとも云われています。
また、物を透視する能力もこれに含まれると思います。少し前に、カードに書かれたマークを透視する遊びが超能力番組をきっかけに流行した気がします。


作品の中のクレヤボヤンス能力者

◆「スーパーマン」(映画等)
アメリカンヒーローのスーパーマンが透視能力を持っています。まあ、こいつの場合は色んな超能力を持ってるんですが…。物を透かして向こう側を見る、X線視野などなど。



③予知能力(プレコグニション)
未来の出来事を知る、予知能力。
いわゆる"虫の知らせ”の発展能力として紹介されています。
この本が発売された当時はノストラダムスの予言の年のずっと前。
「あと十数年で1999年だね!ノストラダムスによるとこの年に地球が滅亡するらしいよ!彼の的中率は90パーセント以上らしいよ!」と書かれていますが、結果はご覧のとおりでした。よかったぜ!

作品の中のプレコグニション能力者

◆「ワールドトリガー/葦原大介」(漫画)
予知能力者は古今東西様々な作品で登場しているので、ここは一つ最近のものから。
アニメが絶賛放映中のワールドトリガー。サイドエフェクトと呼ばれる様々な超能力が存在する世界観で、主要人物の一人がこの予知能力を有しています。
予知能力が出てくる作品には二通りあり、一つは「予言は絶対に変えられない」場合と「予言は可能性の一つであり、行動によって未来は変えられる」場合があります。当然、本作は後者。



PK能力(サイコキネシス)
④念写(ソートグラフィー)
ポラロイドカメラを用い、何も写ってないフィルムに「写れ!」と念じて画像を写すものです。
というかポラロイドカメラってなんやねん…という話になってしまいますが、インスタントカメラすら使われなくなった今の時代、念写という言葉はほぼ死語になっているようです。
昔は月の裏側を念写した人がいたり、色々と話題になっていたようですね。


◆「リング/鈴木光司」(小説)
いまさら紹介するまでもないのですが、リングです。
そもそも山村貞子のモデルになった人物が、念写で有名だった実在の人物「高橋貞子」であったと云われています。
小説の中では、貞子がビデオテープに呪いを念写する、という新しい使われ方が登場します。




⑤瞬間移動(テレポート・アポート/アスポート)
どんな遠いところにも瞬間的に移動する能力です。人間が行なう場合はテレポート。物を移動させる場合はアポートと呼ばれます(目の前に取り寄せるのがアポートで、目の前から移動させるのがアスポート)。
アポートに関しては、ミカンの中に十円玉を移動させたりと、マジックのような試みも行なわれています。


作品の中のテレポート能力者

◆「ジャンパー」(映画/小説)
ある日テレポート能力に目覚めた少年と、それを狙う「能力者狩り」の組織との戦いを描いた映画です。
ハリウッドらしい壮大なストーリーですが、自身のテレポート能力に気付いた少年が、それを悪用し様々なイタズラや犯罪に手を染める場面がちゃんと描かれています。はっきりいって、主人公は能力を悪用する犯罪者なわけです。その為、「後味の悪い映画」に挙げられることもしばしば…。
個人的には「超能力手に入れたら一度はやってみたい!」ことはやっぱり描いて欲しいし見たいと思っています。そういう意味では「インビジブル」とかも良かったです。



⑥心霊治療(ヒーリング)
PKを使って他人の病気を治したり手術をすることを心霊治療といいます。
患者の肌を一切傷付けずに、体内にあった物を取り出す、という能力などがあります。

作品の中の心霊治療

◆「ブラックジャック/手塚治」(漫画)
RPGでお馴染みの回復魔法のイメージが強いヒーリングですが、心霊治療という言葉でどうしても忘れることができない作品は、漫画「ブラックジャック」の中の「その子を殺すな!」というお話です。

21
超能力者のハリ・アドラ。彼は神の力を借りて病人を治療しているのだと宣言しています。雑誌社の企画でハリはB・Jと腕を競うことになるのですが、母体を救うため子宮外妊娠の胎児を死産させようとするB・Jに対し、ハリは「神の力」で胎児を救うと言い放ちます。
このハリ・アドラの治療法が、メスを使わずに患部を摘出するという心霊治療なんですね。ちなみにこの後、アドラの治療によって、超有名なトラウマシーンが誕生することになります。



参考資料:恐怖!オカルト大百科(ケイブンシャ)


01



と、こんなところですね~
どうでしたか、黒ちゃん





07




カタカナ文字に馴染みがなさすぎる…
そういえば自然発火とかは超能力じゃないの?




05



パイロキネシスですね
この記事はケイブンシャの「オカルト大百科」を
参考に書いていますが、超能力の種類自体はもっと多いのではないでしょうか
ちなみにあのサイババ氏はこの記事に照らし合わせると、アポート能力者ということになりますね





06




いや「あの」って言われてもそんなアフロ知らねーよ!!









d024927920110716000623





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。