E4BA8CE7BEBDE9B3B3E587B0E59BB3

1: 河津掛け(埼玉県)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 06:09:12.14 ID:R+TDsJ7y0.net BE:508312455-PLT(12001) ポイント特典
<歌い踊る切手>「賢王万歳」鳴く鳳凰 昭和天皇在位50年(1976年)
神話の世界を除くと史上最長の六十二年余りもの間在位し続けた昭和天皇の在位五十年を祝って、二種類の記念切手が発行された。
 一枚は、儀式に使用される華麗な装飾が施された儀装馬車、もう一枚は、宮内庁楽部の楽師たちの舞楽の絵柄で、曲は慶事の際に演奏される「萬歳楽(まんざいらく)」だ。
 楽部が担当する「雅楽」の範ちゅうには、来歴の異なる舞や音楽がある。多くの人が知っているのは、その中の「外来舞楽」。
飛鳥時代から奈良時代にかけ、中国や朝鮮半島などから入り、平安時代に日本独自に体系化された曲の数々だ。
 大まかに分けて、中国系の曲を「唐楽(とうがく)」、朝鮮半島系の曲を「高麗楽(こまがく)」、舞の場合は、それぞれ「左舞」「右舞」と呼ぶ。
昭和天皇の即位の礼が行われた京都御所の紫宸殿(ししんでん)=今年4月の一般公開

PK2015061202100084_size0

 伝説的ではあるものの「萬歳楽」は、漢の武帝(ぶてい)、隋(ずい)の煬帝(ようだい)、唐の武太后(ぶたいこう)が作らせたという諸説がある。
賢帝が現れると鳳凰(ほうおう)が飛んで来て「賢王万歳」と鳴くとされ、この声を曲に、その姿を舞にしたといわれている。鳥を模した鳥兜(とりかぶと)を被(かぶ)り、四人で舞う。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK2015061202000201.html
鳳凰
鳳凰(ほうおう、拼音: Fenghuang)は、中国神話の伝説の鳥、霊鳥である。鳳皇とも。日本や朝鮮など東アジア全域にわたって、装飾やシンボル、物語・説話・説教などで登場する。

http://ja.wikipedia.org/wiki/鳳凰