51V3JzXt3bL

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 08:32:03.26 ID:???*.net
実際の家賃の半額にもなるという「事故物件」。そんな事故物件に実際に住んでいるというお笑い芸人・松原タニシ(33才)がその様子を語る。

 * * *

ぼくが今住んでいるのは、大阪市内の11階建てマンションの9階です。
2DKで家賃は2万6000円。相場の半額で、敷金も礼金もなかった。メチャクチャ安いでしょ?

不動産業者には最初から「事故物件を探している」と言いました。3件紹介されて、どんな事故物件かと聞くと、「2文字だけしか言えない」と、自殺、病死、 殺人と教えてくれました。
そのうち家賃がいちばん安く、交通の便もいい「殺人」の物件に決めました。
下見もしましたが、リフォームされていてきれいでしたよ。細かいことはあまり気にしないタイプなので、事件について詳しく聞きませんでした。

ところが、入居したその夜からいろいろな異変が起きて…。
眠っている間に友人から携帯に留守電があって、メッセージを聞くと、ゴボゴボ変な雑音がして聞きづらい。
朝になって友人に電話すると、「かけてないよ」と言うんです。
同じことが他の知人からもありました。

しばらくしてマンション近くの定食屋で事件のことを聞くと、息子が母親を殴り、浴室で湯船に顔をつけて殺したのだとか…ゴボゴボいうのはその音だったのか、そう思うと一気に怖くなりました。
しばらくはお風呂に入るのをためらいましたね。
そういえば、鏡があるはずの場所がセメントで塗り固められているから、事件の時に割れたのかも…。

また、ふと気になって部屋の畳を剥がすと血痕みたいなモノが見えました。

他にも、眠っていると女の人のかすかな悲鳴が聞こえてきたりしましたが、人間、怖くても慣れるものですね。
別に体も悪くなってないです。住み始めてからもうすぐ1年。更新時期が近づいていますが、次も事故物件を探すつもりです。なにしろ安いですから。


※女性セブン2015年6月25日

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150616-00000012-pseven-soci
NEWS ポストセブン 6月16日(火)7時6分配信