うしみつ注:以下、画像にはモザイク無し(所詮、虫だしね!)

1: きう ★ 2017/01/26(木) 22:10:39.16 ID:CAP_USER9.net
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/8/18831.html

インドの48歳の男性の口から引っ張り出したものは、2メートル近いサナダムシ
(撮影:Cyriac A. Philips/Institute of Liver and Biliary Sciences, New Delhi, India/NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE)
no title

 昨年、国内では3年ぶりに豚の生レバーを食べてサナダムシに寄生された千葉県の男性のニュースをお届けしたが、インドでは大腸に巣食っていた1.9メートルのサナダムシを、なんと(!)口から取り出す手術が行われた。
国際医学誌『ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に26日付で発表された。

 インド南西部PVSメモリアル病院の勤務医サイリアック・フィリップス医師は最近、これまで見たこともないくらい長い寄生虫が腸内にいる患者に遭遇した。
 この男性患者は48歳。病院を訪れる前の2カ月間ずっと腹痛に耐え続けており、血液検査の結果、ヘモグロビンの量が通常より下回る軽度の貧血を起こしていた。
症状を聞いたフィリップス医師は大腸の内視鏡検査を実施した。

 サナダムシは生の魚や豚肉に寄生し、加熱不十分の状態で食べると、6?8週間ほど腸内で成長して、腹痛や嘔吐、下痢などの症状を引き起こす。
 かつての日本では知らないうちに感染して、気づかないまま腸内で虫が育ち、ある日トイレで長い虫が出てきてビックリするという出来事がよくあったというが、この男性患者には肛門に近いS状結腸から胃につながる十二指腸まで伸びるようにサナダムシが寄生していたという。

 通常ならば、抗寄生虫薬や下剤を飲んで、大便と一緒に排出する治療法が一般的だが、この患者の場合は、胃カメラを使って口からサナダムシを引っ張り出すしか手段はなく、手術には1時間15分かかったという。

 サナダムシの場合、種類によっては体長6メートル以上に達することもあり、駆除しても頭部が体内に残っていると再び成長するおそれがあるが、このケースでは手術後に抗寄生虫薬を服用して、1カ月過ぎた現在では、元どおり回復したという。

 かつてサナダムシを寄生させることでダイエットに効果があるとか、花粉症が治るなどといった都市伝説が広がったが、専門家によると副作用のほうが多く、免疫力の低下や鉄分不足による貧血などほかの病気になる可能性も高いため、安全性は確立されていない。


お食事中の方は閲覧注意!加熱不十分な豚の肉に寄生していたサナダムシ(提供:NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE)
no title

ちなみにこの男性、大腸の内視鏡検査で、腸間膜動脈瘤まで見つかったそうだ(提供:NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE)
no title
サナダムシ
サナダムシ(真田虫、条虫、絛虫)はテニア科や裂頭条虫科の扁形動物の総称。成体はすべて寄生虫である。名前の由来は真田紐に似ていることによる。日本の古代には「寸白(すばく)」とよばれた。
長いと10m以上になるものも存在する。ヒトを最終宿主とするものには、有鉤条虫(ユウコウジョウチュウ、カギサナダ)、無鉤条虫(ムコウジョウチュウ、カギナシサナダ)、広節裂頭条虫(コウセツレットウジョウチュウ、ハバヒロミゾサナダ)などがある。
成虫は多くは脊椎動物の消化管に寄生する。多くは中間宿主を持ち、複数の宿主を乗り換えながら成長する。幼生が中間宿主体内で出芽などによって無性生殖する種もある。
サナダムシは、特にヒトに寄生するものはあまりにも大きいため、健康に大きな影響があるといわれることが多かった。しかし、寄生者が終宿主となるべきヒトの健康に負担をかける行為は、自らの命を危険にさらすことであり、進化の過程でそのようなことが起こらない性質をある程度は身につけているとも考えられる。
危険なのは、ヒトを終宿主としない種が体内に入った場合である。腸内で成熟できない場合、幼生のままで体内を移動して本来寄生すべきでない部位に定着し、さまざまな弊害を出す場合がある(2015年には、2014年にヒトの脳内へ寄生した例が報告されている)。幼生が体内に寄生して内臓を圧迫・破壊したり(有鉤条虫など)、さらに無性生殖をする種(エキノコックスなど)では最悪の場合、死の危険がある。未だ成虫が知られていない、芽殖孤虫というのもある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/サナダムシ