1: 河津掛け(四国地方)@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 23:08:58.73 ID:Lxa48gLk0.net BE:284465795-PLT(12000) ポイント特典
イギリス、ハンプシャーのサウサンプトンで、7,000匹の蜜蜂の大群が道路の保護柱に群がっているのが発見されました。
d4da4b27


最初にこれを発見した、居酒屋に勤めるクロエ・アダムスさん(25歳)は、「最初に見たとき、羽毛のコートが巻きつけられているのかと思いました。でもよく見ると、ハチの大群であることに気付いたのです」と話します。
彼女はサウスハンプトン養蜂家クラブに連絡し、専門家を要請しました。
養蜂家クラブでボランティアとして働いているデイブ・ノリスさんによると、この蜂たちは、新居を見つけるまでの一時的な待機場所として、この保護柱を利用しているようだということです。
ノリスさんは防護服に身を包み、およそ30分の時間をかけて蜂たちを箱の中に移動させました。

「蜜蜂たちは巣が仲間でいっぱいになると、女王蜂は大人の蜂を引き連れて、別の住み家を求めて移動するんだ」
「この柱に群がっていた蜂は7,000匹はいたよ。3重にも4重にもなって柱にまとわりついていたんだ」


とノリスさん。彼は退職した船舶エンジニアだそうで、本職を引退後、蜜蜂集めのボランティアをしているそうです。
「蜂を箱の中に入れておけば、快適だと感じた蜂たちがいい臭いを出すんだ。そしたら、他の蜂たちも勝手に箱に飛び込んでくるんだよ」と蜂の集め方をレクチャーするノリスさん。
この蜂たちはサウスハンプトン養蜂家クラブに持って帰り、健康状態をチェックしたのち、養蜂家に譲るそうです。

0404a3ae

5ef0090f

ec63ae86

7bcb9981

5c5c19b6

841595f0-s

http://newsas.blog.jp/archives/44520094.html