photo218-12

901: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 07:34:59.59 ID:UMnBJpoU0.net
保育所に通ってた頃の話。 
人口700人程度の山奥の村に住んでいた私は、蟻地獄やオタマジャクシ観察したり、石で地面にお絵かきをしていたことを覚えています。 
記憶の中で、近所のお姉さん(中学生か高校生くらい)と遊んでいました。 
いつも夕方まで遊び、6時の音楽が村のスピーカーから流れるころに家に帰るの繰り返しでした。 
ある日、下の主要道路から家の横の道場(集会所)へ続く80mほどの坂道に黒い服を着た大人達がたくさん立っていました。 
「これなぁに?」と尋ねると、「Mちゃん(お姉さん)のお葬式だよ」と大人の人は言いました。 
私は「お姉ちゃん、死んじゃったんだ。もう遊べないんだ」と悲しかなったのを覚えています。 
そして、道場から男の大人5人ほどで運び出される棺桶を坂道の下まで目で追いました。 
そこで記憶は途切れています。