2fec97fe

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/28(日) 22:19:05.162 ID:CwDttfun0.net
なんだこれめっちゃ寂しい
ひとりきりの時間とか何年ぶりだろ
トゥルパ
トゥルパは、チベット語で一般に、変化身(応身)や化身を指す言葉として用いられ、サンスクリットの निर्मित 〔ニルミタ〕または निर्माण 〔ニルマーナ〕(すなわち化・変化・化現・化成・化作)に相当する。つまり仏教本来の言葉では単に化身、化現、化作を意味する。化作は「魔術的顕現」「喚起されたもの」「幻像」などとも訳することができる。化作は修行の結果意識的にできるようになる。それを特殊に誤解し純粋な霊的・精神的訓練のみによって作り出される存在ないし“もの”をあらわす言葉と捉え何か魔術やオカルト的な意味に誤解されている。
探検家アレクサンドラ・ダヴィッド=ネールの『チベットの神秘家と呪術師』によると、トゥルパは「強力な凝念による魔術的形成物」である。トゥルパは「物質的形体として受け取られた、具現化した思念」であり、「思念形態」と同義とみなされるのが通例である。この意味でのトゥルパは、日本では(慣習的英字表記の tulpa を英語風に読んで)タルパとも呼称される。
現在、多くのウェブサイトでトゥルパやイマジナリーフレンドについての情報が取り上げられており、実際にこれらを創ろうとする人の情報源となっている。国内ではトゥルパを友人として親しんだり、その原点を探るという新たな方向性による著作が現れ始めた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/トゥルパ