1: 紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. 紅茶飲み(゜д゜)φ ★ 2015/07/02(木) 05:42:11.50 ID:???*.net
イスラエルで今、囚人たちに強制的に食べ物を摂らせる法案が審議されている。
狙いはハンガーストライキを阻止することだ。


一見、人命を救う行為ともいえそうだが、パレスチナ囚人協会のカドゥラ・ファレスは猛反発。
イスラエルは囚人たちに残された最後の非暴力的抗議手段を奪うつもりだと、ワシントン・ポスト紙に語った。
医師たちも、非人道的で倫理に反するとして、法が執行されても従わないと声を上げている。

法案が成立すれば、こうなる──。

囚人が死に瀕していたり、自らの体に致命的なダメージを及ぼしていると判断された場合、医師が囚人に強制的に食べさせる。
過去の例だと、鼻に入れたチューブで食物を流し込むのが一般的だ。


■行政拘束vs.ハンストによる釈放

今年4月には、パレスチナ人の囚人300人近くが参加する大規模なハンストが始まった。
イスラエル政府の「行政拘束」に抗議するためだ。行政拘束とは、裁判も起訴状も、ときには説明すらなく、国家にとって危険だと見なされた人物を逮捕・拘束できる制度。

ハンストを行う有名なパレスチナ人の一人がハデル・アドナンだ。この5年で9回、行政拘束により収監され、7月12日には55日間のハンストの末に釈放される予定だ。
前回は2012年2月、66日間のハンストを経て釈放されている。

アドナンはハンストによる衰弱で何度も入院しているが、強制的な食物投与をされたことはこれまで一度もなかった。

今回の法案に対し、イスラエルとヨルダン川西岸の人権運動家たちは拷問と同じだと非難。
アメリカを本拠とする「人権のための医師団」は、イスラエル議会に法案否決を呼びかけ、「医療従事者を人権侵害と拷問の手先にするな」という声明を出した。

だが、イスラエルのギラド・エルダン国内治安相は、法案は政府にとって必要な対抗手段だと主張する。

「囚人たちはハンストという自爆テロでイスラエル国家に脅かしている。我々は脅迫を容認しないし、囚人を刑務所で死なせもしない」

法案は採択までに、イスラエル議会であと2度の審議を通過しなければならない。

7月1日(水)18時43分
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/07/post-3742_1.php