63467724

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 00:13:15.28 ID:???.net
(画像:調理前の鶏の脚)
imgout


2015年6月24日、世界三大料理のひとつに数えられる中華料理は、その広い国土の各地に多種多様な食材と調理法が存在している。
「4本足のものは机以外、空を飛ぶものは飛行機以外」何でも食べるとたとえられているが、中国紙・光明日報はそんな中華料理の中でも最も特異な10種類をリストアップした。


1.鯉のヒゲと鶏の脚の煮物

食べるところはあるのだろうか?鶏の脚自体は中国で割とポピュラーな食材だ。

2.酔っぱらいエビ
川エビを生きたまま紹興酒を満たした皿にドボン。動かなくなるまでフタをして待つ。

3.スッポンの地獄煮
冷たいスープをはった鍋に生きたスッポンを入れ、弱火で徐々に加熱。味がよく沁みる。

4.アヒルの水かき
調味料を塗った鉄板の上に生きたアヒルを載せて点火。熱さでバタつくアヒルの脚のみを切り落として食べる。

5.活きガチョウの腸
生きたガチョウの肛門から腸を引っ張り出す。

6.風鈴鶏
生きた鶏の羽をすばやくむしり、血を出さないようにはらわたを出し、そこに調味料を詰め、再び縫合して吊るす。
ここまでに鶏を絶命させてはならない。

7.活きロバのそぎ切り
生きたままのロバの皮を剥ぎ取り、そこに湯だったスープを何度もかけ、火が通ったら削いで食べる。

8.サルの脳みそ
中央をくりぬいたテーブル。そこにサルの頭部をはめてかち割り…。こうした料理に使用されるのは食用に育てられたサルだという。

9.生まれたてのネズミ
生まれたてのネズミを踊り食い。赤ちゃんネズミはキキキと叫び声を上げるという。

10.子持ちヒツジの丸焼き
まもなく出産という状態の妊娠中のヒツジを炭火で丸焼きし、お腹の中の赤ちゃんヒツジまで火が通ったころに取り出して子ヒツジだけを食べる。

(翻訳・編集/愛玉)

レコードチャイナ 2015年6月26日(金) 18時16分
http://www.recordchina.co.jp/a112358.html