1: coffeemilk ★ 2015/07/10(金) 23:59:47.28 ID:???*.net BE:287993214-PLT(14012)
さまざまな恐竜のアートワークを手がけてきた海外アーティスト・John Conwayが作った、恐竜たちをペットとして飼うときの注意点やオススメポイントなどをまとめた「the Dinosaur Pet Guide(恐竜の飼い方)」をご紹介します。

「コンプソグナトゥス」から「ティラノサウルス」まで、大小7種類の恐竜たちをピックアップして、それぞれのポイントを安全なグリーンから注意が必要なオレンジ、死の危険があるレッドまで、3つの色分けで解説しています。
 

■恐竜を飼う前に必読なガイドかも?

09dinopetguide02-683x1024

小型の恐竜は育てるのも楽で、危険度も低いそうなので初心者の愛竜家にもオススメ。

体長10~15メートルほどの草食恐竜「ランベオサウルス(パラサウロロフスの仲間)」ともなると、性格は大人しいものの、鳴き声がうるさいのと家に入りきらないのが問題になるかもしれないとされています。

それ以降は「ヴェロキラプトル」「ティラノサウルス」といった凶暴な肉食恐竜はいかに危険であるか、草食恐竜でも攻撃力の高い「トリケラトプス」や、超大型草食竜「ジラファティタン(ブラキオサウルス系)」はエサ代が大変だとか、もはや人間が飼うってレベルじゃねぇといった感じです。

ここまで読んでくれた人はすでに察してくれていると思いますが、このガイドはジョークをふんだんに盛り込んだアート作品なので、「いや、それには違う説があってだな」とマジレスすることなく笑って楽しみましょう。

ペットガイドに使用しているもの以外の恐竜を描いた作品のほか、さまざまなアートがJohn Conwayのオフィシャルサイトで公開されているので、興味がある人はチェックしてみるとよいでしょう。

和服を着た女エイリアンを描いた作品は奥ゆかしくてオススメです。

09dinopetguide03


http://www.c-lab.link/nettrend/39340?km_saf_try_cnt=1