1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 02:38:40.515 ID:6U9GA3tn0.net
もののけと違って明確なテーマが無くてよく分からんのよ
sento

千と千尋の神隠し
『千と千尋の神隠し』(せんとちひろのかみかくし、英題:Spirited Away)は、スタジオジブリの長編アニメーション映画。監督は宮崎駿。2001年7月20日に日本公開。興行収入300億円を超えた日本歴代興行収入第1位の大ヒット作品である。

あらすじ
夏のある日、10歳の少女、荻野 千尋(おぎの ちひろ)は、両親とともに車で引越し先の町に向かっていたが、森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルを見つける。両親は車を停めてトンネルの中へと足を進め、千尋も後を追いかける。トンネルの出口の先には草原の丘が広がっていた。更に先へ進み、小川を渡ると誰もいないように見えた町があり、しかし、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。両親は匂いの先の店を見つけ、断りもなしにそこに並ぶ料理を食べ始めてしまう。一人残された千尋が街の奥に大きな建物を見つけると、謎の少年・ハクが千尋の元へ駆け寄り、日没の前に再び小川を渡って帰らねば、この世界から戻れなくなってしまうと伝える。しかし時既に遅く、実は両親が食べていたは神々の食物で、呪いを掛けられて豚になってしまっており、小川だったはずの場所は海になってしまっていた。千尋は再びハクに会い、千尋のことを知っていること、両親を助けるためにはここで仕事をせねばならないということを告げられ、両親を助けようと決心する。


https://ja.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠し