no title

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/23(木) 17:02:43.947 ID:Phx7BPHua.net
動物園仮説
解釈1
宇宙人は地球人の存在を既に知っているが
地球人に干渉しないために自分たちの存在を隠している

解釈2
地球を含む宙域は保護区指定されており
宇宙人が自由に立ち入ることはできなくなっている
まとめれば地球人は宇宙人から見れば
人間から見た動物園の動物レベルの存在でしかないという仮説

なんで地球に来ないんだよ!っていうの自体はフェルミのパラドックスという
動物園仮説
動物園仮説(どうぶつえんかせつ)とは地球外知性の実在に関する仮説の一つである。「保護区仮説」とも呼ばれる。
人類以外の知的生命体の存在について、「もし恒星間航行を可能とする宇宙人がいるなら、なぜこの地球にやって来ないのか?」という疑問(フェルミのパラドックス)が提示されており、これに対してはいくつもの解釈が提示されているが、
宇宙人は地球人の存在を既に知っているが、地球人に干渉しないために自分たちの存在を隠している
地球を含む宙域は保護区指定されており、宇宙人が自由に立ち入ることはできなくなっている

等という仮説が存在する。概念自体は古くから存在した説だが、1973年にハーバード大学のボールが発表した論文「The Zoo Hypothesis」によって「動物園仮説」という名称が定着した。地球は宇宙人から見れば動物園のような観察対象に過ぎないという意味である。
宇宙人が地球人に干渉しない理由としては、「余りに文明のレベルに差がありすぎるため地球に混乱を与えないため」、「地球の文明の自力での発展を妨げないため」といった解釈が一般的ではあるが、宇宙人の思考内容が地球人に理解できるか不明である以上、理由はいくらでもつけることが可能であろう。
反証可能性の無い理論であるため、現実世界においては思考実験以上にはなりえない仮説であるが、サイエンス・フィクションの世界においては、ファーストコンタクト物のバリエーションの一つとしてしばしば題材とされている。作品によっては動物園仮説の設定とは逆に、主人公が高度文明の側となり、遅れた異星の文明との接触を禁止されるパターンも多い。


https://ja.wikipedia.org/wiki/動物園仮説