f0223055_1311365

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 14:11:22.36 ID:D68lOl9td.net
釈迦は輪廻について無記や
答えのたのは釈迦は輪廻しないってことだけや
釈迦は魂も認めてへんし諸法無我で自我をすてるんやから輪廻のしようがあらへん
釈迦は地獄なんぞ説いてへんし輪廻も認めてへん
転生輪廻
転生輪廻(てんしょうりんね)とも言い、死んであの世に還った霊魂(魂)が、この世に何度も生まれ変わってくることを言う。ヒンドゥー教や仏教などインド哲学・東洋思想において顕著だが、古代のエジプトやギリシャ(オルペウス教、ピタゴラス教団、プラトン)など世界の各地に見られる。輪廻転生観が存在しないイスラム教においても、アラウィー派やドゥルーズ派等は輪廻転生の考え方を持つ。「輪廻」と「転生」の二つの概念は重なるところも多く、「輪廻転生」の一語で語られる場合も多い。
この世に帰ってくる形態の範囲の違いによって使い分けられることが多く、輪廻は動物などの形で転生する場合も含み(六道など)、転生の一語のみの用法は人間の形に限った輪廻転生(チベット仏教の化身ラマなど)を指すニュアンスで使われることが多いといえる。また、キリスト教などにおける「復活」の概念は「一度限りの転生」と見なすことも出来よう。ただし、復活の場合はより狭く、生前と同じ人格を保ったままの転生である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/転生輪廻