75ef143c

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
290: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 13:31:47.96 ID:FGzhxuQb0.net
法事で実家に帰った時、叔父と二人で飲んでいたら 
この家にも昔は変な習慣があったんだよって酔っ払いながら 
教えてくれた。 
それと関係あるのかわかりませんが 
うちの家系は祖母が言うには領主様から一定の地域の生殺与奪の権利が 
与えられてる家だったみたいです。 

叔父が言う儀式ですが初潮を迎える前の女の子を家系の 
中から選び、山の鬼に捧げるという儀式との事で叔父も 
詳しくはわからないようでしたが、この因習が嫌で 
夜逃げした家族もあったみたいでした。 

私は信じてはいませんでしたが面白かったので興味津々でした。

291: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 13:41:22.26 ID:FGzhxuQb0.net
それから実家は、よく因習系の怖い話にでてくる大きな家でもなく
蔵があるとかでもありません。ごく普通の田舎の住宅街の
一軒家です。

興味津々の私は次の日に母にそのことを聴いてみました。
すると以外にも「知ってる知ってる」と子供みたいにはしゃぎだしました。
母は父の母(義母)に教えてもらったらしいのですが、その頃は夏の怪談
みたいな感じで教えてもらったとの事です。

母も全部を信じてはいない話し方でしたが知ってることを教えてくれました。

292: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 13:50:42.88 ID:FGzhxuQb0.net
儀式に使う女の子は家系の中から選ばれる。
女の子は夜のうちに山につれて行かれて
紐でぐるぐるまきにされた後、山の頂上付近の井戸みたいな
ところに入れられ吊るされる。3日位してから引き上げると
ほとんど骨になってるとの事でした。

義母は(私からすると祖母)は昔から賢い人で多分穴の中の
虫や小動物が体を食べてると言ってたそうですが、他の大人
は山にいる石鬼という神が娘を食べてると本気で思ってたみたいです。

294: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 13:58:58.69 ID:FGzhxuQb0.net
私もすごい時代だな~と思いながら聞いていました。
それから実家から帰って夫にその話をすると
夫は興奮した様子で
「その話ネットで読んだ事ある!」
といってパソコンで探してくれました。
それがイオキという話でした。
確かに似ている所もありますし、地方も同じです
夫は興奮して「俺も法事に行けばよかった」
と言って悔やんでいました(笑)

自分にはそんな因習なんて無関係だと思っていたのに
その家系の血が流れてると思うと少し怖く思いました。

293: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 13:56:45.38 ID:tF5a7v5C0.net
それは殺してから吊るすんだろうか

おそらく生きたままだよなあ…

295: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 14:12:18.83 ID:FGzhxuQb0.net
>>293

母も私もそこが気になったのですが真相はわからないとの事です。
せめて殺してからにしてあげてほしいですよね

303: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 16:37:12.68 ID:Lg9Z0TLTO.net
>>295
せめて殺してから、ってさらっと言うアンタがほんのり怖いわ…
生殺与奪権って言葉に惑わされてるけど、アンタの一族は殺人を犯してるんだろ…
殺人儀式をすんなり受け入れてんじゃねーよ

304: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 16:46:03.26 ID:JhgQxlwM0.net
>>303
せめて殺してからは私も思ったけどね。
自分が生まれる何百年も前の幼女を助けに行く事は出来ないんだし、
生きたまま吊るされる恐怖と苦しみを考えればせめて死んだ後であってほしいって誰でも思うわ。
 

311: 290@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:29:36.82 ID:0hJpP8na0.net
>>303
都市伝説的な感じな話だったし、母も叔父も深刻に話してなかったのでその時は
特別な感情は湧きませんでしたね。まして100%信じれる話しでもないので・・・
ただ、自分の子供が暗い山でロープにつながれて穴に入れられて
殺されるなんて想像するだけで発狂しそうになりますね。
言葉に気を付けます。

306: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 17:42:02.44 ID:QdBxiGPc0.net
イオキ 風習で検索すると出るよ
「石鬼神」
いずれにしてもオカ板のネタだから真偽は不明だがな

311: 290@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:29:36.82 ID:0hJpP8na0.net
>>306
石鬼神でイオキなんですよね。私の母はイシオニノカミといってました
そのままですね
あのイオキの話しは横の部屋でイオキと聞いただけで「石鬼神」
って書いてましたから本当はもっと詳しく知っている人が書いているのかも
しれませんね。

元スレ:http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1436891353/
05



ちなみに件の怪談「石鬼神様」はこちらです








292 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2004/01/18(日) 14:47
母の話。あまりくわしくは書けません。ご了承下さい。名前も仮名です。
母は幼少の頃は徳島の山奥の村に住んでました。
その日は親戚が集まり大事な話があったみたいだったので母と兄は隣の部屋に先に寝かされました。
しかし、隣が気になり寝付けずにいると、隣から祖父の声が聞こえてきました。

「洋子(母の名前)は、まだ若いから石鬼神(イオキ)様のご機嫌がとれんやろ、今やったら晴海(母のいとこ)やで」

と、母は意味が全く分からなかったのですが、助かったと思ったそうです。
それから次の日に晴海の両親は目を赤く腫らして 帰っていったそうです。

1週間後、晴海が山に行って亡くなったと連絡がありました。
その連絡を聞いて母の両親はヒソヒソ話したかと思うと、 祖父の部屋に行ったそうです。
晴海の葬式はヒッソリと行われましたが、棺桶を担いだ母の兄は今でも「軽い棺桶やった、誰も入ってなかったんやろか」と言ってます。

その後、母は兄と両親だけで村から出ました。完全に夜逃げ状態だったらしいです。
母はそのことを今でも思い出すと
「私等が逃げた後、他の親戚が血眼になって山狩りをしててな~とうとう私等は行くとこがなくなって、山小屋に逃げたんよ。ほな、そこに 叔父さん(晴海の父)が松明を持ってやってきたんや、けどその叔父は私等を見て、はよ逃げ!と言ってくれたんや。両親は何回も叔父に頭下げながら私を担いで逃げたんや」
私が20歳を過ぎたときに、母はこの話をしてくれました。

村で何があったかも、おぼろげながら話してくれたましたが他には漏らしたらアカンと言われました。
この話が広まると私達がここにおるのがばれるからなって・・・。
現在私の家庭はとても明るく元気です。
しかし、両親にこんな過去があったとわかってから、二人は無理して 明るくふるまってのかなと思います。 
 

●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。