1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/03/21(火) 21:28:47.91 ID:CAP_USER.net
3月21日 20時51分
中東、エルサレムにある「イエス・キリストの墓」とされる聖堂で行われていた200年ぶりの修復作業が完了し、作業の過程で確認された墓の情報を基に、今後、キリストの研究が一層、進むことになりそうです。

エルサレムの旧市街にある聖墳墓教会は、イエス・キリストが十字架に架けられたゴルゴダの丘とされる場所に336年に建設され、その後、増改築が繰り返されたもので、キリスト教にとって最も重要な教会の一つです。

この教会の中心部にある「キリストの墓」とされる聖堂は、倒壊の危険があるとの指摘を受け、共同で管理する6つの宗派が合意して、およそ200年ぶりに去年6月から修復作業が行われ、このほど完了しました。

作業では、聖堂の内側の天井や壁に付いたろうそくのすすや、はとのふんが取り除かれ、ボルトで建物が補強されたほか、壁のフレスコ画なども修復されました。

また、聖堂の中にあるキリストのものとされる墓を覆う大理石の板が数世紀ぶりに取り外されて、墓の本体が確認され、こうした情報を基に、今後、キリストの研究が一層、進むことになりそうです。

聖墳墓教会には、来月のキリストの復活を祝うイースター=復活祭の期間、世界中から大勢の巡礼者が訪れます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170321/k10010919581000.html
no title