817: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 21:59:07.70 ID:T1r+/XOs0.net
うしみつ関連記事:
【恐怖体験】今から50年前、秋田は六郷村にて
からの続きです

>>807
だけど、村人はほとんど文盲やったんや 
というのも、それがこの先生が狩猟免許を取った理由に関わるからなんだ 

戦後、この村でも改正狩猟法が施行されることになり、この辺境の村にもその余波がやって来た 
警察は、既に免許持ちで鉄砲を持ってる猟師たちも、一応改めて狩猟免許を取得し直してほしいという 
だがしかし、既に狩猟免許を持っている大人たちの殆どは文盲で、ペーパーテストの問題文すら読めない 
だから猟師たちは先生のところに一升瓶片手にやってきて、俺たちに文字を教えてくれと頼みに来たんだとさ 
その集落は貧しさから、小学校すらまともに出てるんだが出てないんだかみたいな人ばかりで、 
結局今から文字を教えてもたかが知れてると言うので、先生は一計を案じた 

改正狩猟法のペーパーテストは当時の六郷村立湯田分校の校舎で行われたんだが、 
先生もその改正狩猟法のペーパーテストを受けたんだって。もちろん作戦さ 
先生はテスト中、大声て「あー、問1の答えはAだなぁ」とか「あー、問2の答えはCだわ」と 
独り言を装って同じ教室内の猟師たちに大声で答えを教えたんだってさ 
立ち会いの警察官も役人もみんな村出身だから見て見ぬふりだったんだって 

おかげで村人は全員ペーパーテストに合格し、無事全員が狩猟免許を取り直すことが出来たんだと 
だけど、せっかく人助けで狩猟免許を取ったんだから、せっかくなら狩猟を趣味にしようってことで、 
そこからその先生は狩猟を趣味にするようになったんだってさ 

一応、創作ではないよということで裏話を付け足してみるよ