e0062905_106031

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:28:09 ID:o90
そういうのすっごくワクワクします!!!

2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:28:29 ID:Sgs
はよ

6: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:30:52 ID:o90
詳しい人こねえかな

7: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:31:56 ID:jX9
メンダコかわいいよメンダコ

G5Bgelk
うしみつ注:ダンボオクトパスだと思います
02_201309_img06b

メンダコ
メンダコ(面蛸、面鮹、Opisthoteuthis depressa)は軟体動物門頭足綱八腕類メンダコ科に属するタコの一種である。
そのパラシュートのような姿とグロテスクな外観から、UFOを思い浮かべる人もいる。
水から上げると柔らかい体を支えきれず、ぺしゃんこになってしまう。深海性のタコであるため、詳しい生態は不明。


https://ja.wikipedia.org/wiki/メンダコ 

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:33:13 ID:Sgs
>>7
これはカワイイ

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:33:05 ID:jX9
スマホあんま写真入ってねえや

EsCYohg


10: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:33:41 ID:jX9
>>8
あ、これ多分ミツクリザメ(英名:ゴブリンシャーク)
yoko_1

ミツクリザメ
ミツクリザメ(箕作鮫、学名:Mitsukurina owstoni、英: Goblin shark)は、ネズミザメ目ミツクリザメ科に属するサメ。
ミツクリザメ科はミツクリザメ属 Mitsukurina 1属で、本種のみを含む。希少種。日本の東京湾、駿河湾、相模湾などをはじめ、世界各地で散発的に報告されている。
表層から水深1,300 m、あるいはそれ以上の深海に生息する。
学名 Mitsukurina owstoni は発見者アラン・オーストン (A. Owston) と、東京大学三崎臨海実験所の初代所長であった箕作佳吉(みつくりかきち)に捧げられたものである。ミツクリザメは船上で逆さに吊り上げられると顎が飛び出し、嘴(くちばし)のような口には多数の鋭い歯が剥き出しになる。自身の体重で顔は膨らみ、ブヨブヨした軟らかい体はみるみる褐色に変色、さらに大量出血により全身が赤く染まる(深海棲息のため、水揚げに伴う周囲の水圧の有無・変化に因るとされる)。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ミツクリザメ 

11: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:34:05 ID:Sgs
>>8
おっ、ゴブリンシャークだっけ?
日本近海の海溝にもいる

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:35:12 ID:jX9
>>11
多分そうだぜ
ミツクリ博士が発見したやつな

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:34:33 ID:jX9
おまえらの大好きなグソクムシだぞ

うまれるううううう
eiMPP2W


15: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:37:01 ID:Sgs
>>12
キモw
そういやどこかの水族館のグソクムシは拒食症治ったのかな
i320

ダイオウグソクムシ
ダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)は等脚目スナホリムシ科に属する海生甲殻類の一種。
等脚類としては世界最大であり、体長は20 - 40センチメートルで、最大50センチメートル近くにもなる巨大な種である。日本最大の等脚類であるオオグソクムシでさえ最大15センチメートルほどなのに比べ、遙かに大型となり、体重は1キログラムを上回る。見た目はダンゴムシのようだが、フナムシに近い。
「深海の掃除屋」と呼ばれる本種は、深海底に沈んできた大型魚類やクジラなどの死骸や弱った生き物を食する。他の等脚類のように弱った仲間や死体を食べる共食いを行っている可能性もあるが、詳細は不明である。
本種は大型の割に極めて少食で飢餓に強い。鳥羽水族館において2007年9月から飼育されていた体長29センチメートルの個体「No.1」は、2009年1月2日に50グラムのアジを食べて以来、2014年2月14日に死亡するまでの5年1か月間(1869日間)にわたり餌を口にしなかった。2013年2月に飼育を開始し、4か月間絶食した後に同年6月に死亡した個体「No.9」を解剖したところ、消化管に未消化の魚が106gほど残っていた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ダイオウグソクムシ 

16: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:38:04 ID:jX9
>>15
どうだっけなあ
何か亡くなった個体も居ると聞いたが同一のものか分からんちん

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:36:15 ID:jX9
花柄に見えるのは無影灯の反射な

nxdqQGZ


17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:38:32 ID:jX9
dQWdK4A


21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:41:35 ID:Sgs
>>17
こいつなかなか陸に打ち上がらない
なぜかかつては幻とまで言われたダイオウイカがたくさん網にかかるしまつ
51FNnEcUj-L

リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus glesne)は、アカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。リュウグウノツカイ属に含まれる唯一の種とされている。
リュウグウノツカイは全身が銀白色で、薄灰色から薄青色の線条が側線の上下に互い違いに並ぶ。背鰭・胸鰭・腹鰭の鰭条は鮮やかな紅色を呈し、神秘的な姿をしていることから「竜宮の使い」という和名で呼ばれる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/リュウグウノツカイ 

25: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:44:05 ID:jX9
>>21
ダイオウイカは塩化アンモニウムで浮力を作るらしく食用に適さないそうだな
引っかかるだけ迷惑とゆーwww

18: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:38:41 ID:jX9
きれい

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:39:22 ID:Sgs
それはそうと>>1どこいったんだ?おるかー?

20: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:40:06 ID:jX9
>>1は深海に呑まれたんやろな

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:41:55 ID:jX9
センジュナマコ
多分

tJ2PfuT

センジュナマコ
センジュナマコとは、深海に生息するナマコの仲間である。
水深3000~6500m付近(諸説有り)に生息しているといわれる深海性のナマコ。透明なゼリーのような体で、背中には二本の突起があり、左右にある5~7対の足で海底をゆっくりと歩く。
一般的なイメージのナマコとは似ても似つかぬ姿ではあるが、シンプルなその姿を可愛いと評する人も少なくない。
ちなみにクマナマコというセンジュナマコにそっくりのナマコがいるが、こちらは水深6500m以深に生息しており、センジュナマコとはきちんと住み分けがされている。日本海溝やマリアナ海溝の底など、魚もほとんど見られないほどの大深部はナマコが大量に生息するナマコ天国になっていると言われている。


http://dic.nicovideo.jp/a/センジュナマコ 

24: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:43:37 ID:K6W
ハルキゲニア!ハルキゲニアじゃないか
BuGebf3CEAMjiix


27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:44:26 ID:jX9
>>24
ちげーよwww

26: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:44:10 ID:4Mg
チョウチンアンコウにははまった

28: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:44:42 ID:Sgs
じゃ俺も
ウミウシらしいウサギに見える
news4vip-1439476089-28-490x300


30: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:45:09 ID:jX9
>>28
かわE

29: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:44:56 ID:jX9
これも深海ナマコの一つだっけな

80RTjje


31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:45:41 ID:o90
この世の生物とは思えない感堪らない
まだ見ぬ生物とかいっぱいいるんだろうなぁ

33: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:47:17 ID:4Mg
アンコウのオスはメスに噛み付いて同化するって聞いたが怖すぎ
オニアンコウ科
すべてのチョウチンアンコウ類に共通する特徴として、雌雄の体格は著しい性的二形を示し、雄は雌よりも極端に小さい矮雄(わいゆう)である。Acentrophryne 属を除く4属は比較的豊富な雌雄の標本が存在し、雄は寄生性であることがわかっている。
変態後の雄は餌を一切取らず、よく発達した眼球と嗅覚器を利用して雌を探す。雌を発見した雄は体に食いつき、以降は雌と一体化した寄生生活を送るようになる。オニアンコウ属の雄は1匹の雌に対し1匹のみしか付着しない一方、他の属では複数の雄が同一の雌に寄生する例がしばしば見られる。
自由生活期の雄の精巣は例外なく未発達で、成熟した卵巣をもつ雌には常に寄生雄の付着があることから、雌雄の結合は互いの性成熟を達成するための必要条件とみなされている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/オニアンコウ科 

37: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:48:46 ID:jX9
>>33
血管すら同化して身体の一部になるね
精子を作って送り込むだけの器官と化す

40: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:50:37 ID:4Mg
>>37
学者の言い分はわかるけど想像すると怖すぎ
生きてるのはチンコだけってことだろ?

44: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:54:05 ID:jX9
>>40
揚げ足とるようだが、タマの方だな
まあ、深海で子孫を残す知恵だよ

彼らにしてみりゃヒトがセ○クスに持ち込むまでの過程なんか苦痛そのものなんじゃねえか?

34: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:47:49 ID:jX9
ところで、しんかい6500の後継船がジャムステックにて開発中だぞ


その名も!


しんかい12000!!!!!

img_0
 
shinkai

しんかい6500
しんかい6500は、独立行政法人海洋研究開発機構が所有する大深度有人潜水調査船。2012年現在、世界で2番目に深く潜れる、運用中の潜水調査船である。「しんかい2000」の運用実績をもとに1989年に完成し、2002年11月には「しんかい2000」が運用休止となったため、日本で唯一の大深度有人潜水調査船となっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/しんかい6500 

36: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:48:40 ID:o90

また多くの謎が解明されるのか

39: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:49:15 ID:K6W
しんかいシリーズとかの潜水艦ってどういう設計してんの?
ひたすら水圧に耐えるような素材使ってんの?
内圧と外圧が同じになるようにガス詰めまくってんの?

42: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:51:50 ID:jX9
>>39
完全に物理で耐えてるはず
外圧に抵抗できるほどの気圧にしたら中の人は大変なことになるぞwww

46: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:54:39 ID:K6W
>>42
なるほど
まあそれもそうだな

48: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:55:56 ID:jX9
>>46
しんかい6500や12000は有人ってのが凄いんだよなあ

41: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:51:44 ID:Sgs
サルパだって
捨てられたペットボトルみたいだ

news4vip-1439476089-41-490x200


43: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:52:29 ID:jX9
>>41
これ繋がって群体になるやつだな
数十メートルの長さにもなるらしい
d571af91

サルパ
タリア綱(タリアこう、Thaliacea)は尾索動物の一種で、海に住む動物である。近縁種で海底で生活するホヤとは異なり、一生海を漂いながら過ごす。ヒカリボヤ目(Pyrosomida)、ウミタル目(Doliolida)、サルパ目(Salpida)の3つの目に細分される。ヒカリボヤは小さな個虫が総排出腔の周りに集合してコロニーを作っている。総排出腔が開いて個虫から水が排出されると、水の勢いによって前に進む。ウミタルとサルパは生活環上で、個体とコロニーの状態を行き来する。サルパのコロニーは数メートルの長さにもなる。ヒカリボヤと異なり、ウミタルとサルパは筋肉の力によって海中を進む。タリア綱の生物は全て濾過摂食を行う。海中を進みながら、樽の様な形になって水を吸い込み餌を採る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/タリア綱 

45: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:54:17 ID:Sgs
>>43
自然に優しい子みたいな説明あった

47: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:55:24 ID:jX9
gl6XVIm


50: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:58:28 ID:jX9
pOMEUAV


52: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:59:14 ID:Sgs
>>50
ち〇こなんだなあ

53: 名無しさん@おーぷん 2015/08/14(金)08:04:33 ID:Wx0
>>50
深海の神秘

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)23:46:23 ID:Sgs
深海魚で画像ググったら怖すぎワロタ
aea5af81d7f1feea0ccb611a5d1c7e7c (1)


元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1439476089/
04




へぇ~…けっこうみんなカラフルだし
海の底って意外と賑やかなんだな





●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。