1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/06(木) 09:11:12.376 ID:mO6KooOg0.net
絶対いるだろ
チャレンジャー海淵
チャレンジャー海淵(チャレンジャーかいえん、Challenger Deep)は、北西太平洋のマリアナ諸島の東、北緯11度21分、東経142度12分に位置する、マリアナ海溝の最深部である。
チャレンジャー海淵の深さについてはいくつかの計測結果があるが、最新の計測では水面下10,911mとされ、地球上で最も深い海底凹地(海淵)である。これは海面を基準にエベレストをひっくり返しても山頂が底につかないほどの深さで、地球の中心からは6,366.4km地点にある。
1960年1月23日、オーギュスト・ピカールが開発しアメリカ海軍が運航する潜水艇(バチスカーフ)「トリエステ号」にドン・ウォルシュ大尉とオーギュストの息子ジャック・ピカールが搭乗してマリアナ海溝深部を目指した。バチスカーフは鋼鉄の重りとガソリンの浮力装置を用いて深度を調整できるよう設計されていた。二人は人類の到達した最深記録を達成した。世界記録であることは間違いないが、その正確な深度については諸説あり、確証が得られていない。二人は海溝の底に到達したといい、その時バチスカーフ内部の水深計が示していたのは37,800 ft (11,521 m)(後に35,800 ft (10,912 m)と修正)だったと主張している。さらに二人は海溝の底でヒラメやエビなどの生物が生息しているのを発見して驚いたという。


https://ja.wikipedia.org/wiki/チャレンジャー海淵