no title

675: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 09:15:03.73 ID:kQc4Ju8z0.net
祖母に聞いた話。 
祖母が子供の頃、家に大きな年を取った三毛猫が居たそうだ。祖母はその猫によく面倒を見てもらい、縁側でよく日向ぼっこをしていたそうな。 
ある日、祖母に妹ができ、「猫は赤ちゃんを害する。」と三毛猫が邪険に扱われるようになった。 

ある晩、祖母が厠に夜中起きると、三毛猫が縁側で二本足で立って庭を見ていた。 
猫は祖母に気づくと、「ワシはこの家を出て行く。達者でな。」というとピョンと庭に飛び降り、テテテッと塀の側に走り、飛び越えて(この時は四足だった)それっきり帰ってこなかった。