434: 名無しの与一 2014/07/11(金) 15:55:04.10 ID:rN3hu56V.net
中学生の頃、部活で近くの中学校へ練習試合に行った。 
中学生の時なんてもっぱら自転車で移動が大半で、電車に乗って知らない土地(と言っても電車で数駅とかの範囲だけど)に行くのはやっぱりワクワクしてた。 
だから電車をいくつか乗り換えて、地元から十数駅もはなれた他校に行くのはちょっとしたピクニックの気分にもなった。 
私は昔からどこかさめた所があって、ワクワクしてはしゃぐ友人を見ながら「女の子って他愛もない話でよくこんだけ盛り上がれるなぁ」と思ってた。 
部活は女子しかいなかったから、余計そう思ったのかも。 

練習試合に行ったのは土日だったと思う。 
田舎だったし、目的地は各駅しかとまらないような場所だったから電車はがら空きだった。 
30~40人で移動してたんだけど、皆が座っても席が空いてるくらい。 
私も席に座って、横でキャアキャア話してる友人の話を半分くらい聞きながら、通り過ぎて行く景色をぼ~っと見てた。 
各駅の電車だったから毎回駅で停車しては、ドアが開いて数人乗ってきて、またドアが閉まって発車する。 
それの繰り返し。 
顧問の先生がついてきてくれてるし、降りる駅になったら教えてくれるだろうから、後何駅とか確認する必要がない。 
ぼけ~っとしながら横に座る友人の方に顔を向けて、「あの芸能人がかっこいい」だの「◯◯君に彼女がいるらしい」だのの女の子の話を黙って聞いてた。