b1a36264

●「投稿怪談」として  りゅうちゃろす さん よりいただいた体験談です

usi32: 投稿者 りゅうちゃろす さん 2015/08/22(土) 04:44:44.44 
いつも楽しくうしみつ観覧させていただいてます♪( ・∇・)
今回は、むかしの話ですが実際にあった話です。


私の家は軽く霊感がある家系で、ただ20才の時に霊感がなくなるか残るか分かれるのです。
いくつもの体験をして、 この体験をした時は丁度19才の時でした。
当時フリーターで時間に融通がきく私は旅行にハマってました。
特に沖縄に行くのが大好きで3回目の、沖縄旅行の時に起こった話です。
事が起きたのは帰る前日でした。
観光スポットを沢山めぐり、友達にどこか行きたい場所はあるか?と聞いたら、 その時に一緒に行った友達は戦争に関連のある場所に行きたいと言ってきたのです。
私的にも有名な観光スポットは沢山行ってたので、軽い気持ちで了承しました。


パンフレットなどみて、まず旧海軍指令壕に行き、次はひめゆりの塔に行きました。
その時から異変がおきはじめたのです。
館内で少女達の写真をみたり、死因、作文を読んだりしてた時です。
急に気持ち悪くなり悪寒、頭痛が起こり、風邪でも引いちゃったかな?と思ったのです。
ひめゆりの塔をでてから、立っているのもつらいほどになり 熱を測っても平熱でとりあえず常備薬を飲んだのですが、一向に体調が良くなる傾向がなく、本当は他にも行くはずだったのですが、友達に了承をえて早めにホテルで休むことに。
次の日体調が悪かった為、友達に悪態つかれながらも早めに空港にいき、地元に帰宅しました。
不思議なことに 、沖縄をでてから体調がよくなり、友達と一緒で気疲れでもしちゃってたのな?と思ってました。
その時は。


当時付き合ってた彼氏の家に帰宅後そのままいき、夜も遅かったので泊まる事にしたのです。
寝ていたら急に目がさめ、隣を見たら彼氏が部屋のまん中にたってたのです。
時計をみたら午前2時45分。
こんな時間にどうしたの?と聞いたら、

『三度目まではゆるす。だが、次はもうない』

と言いはなったのです。瞬きもせず…
えっ?となり聞き返そうとした瞬間、目がまた覚めたのです。
あぁ〜さっきのは夢だったのか。と思い時計をみたら午前2時45分。
部屋のまん中に彼氏がたってるのです。
怖くなり急いで起きて、声をかけたら、 彼氏が、一言。
『なんで俺ここにいるの?』
彼氏自身もいつ起きたのかも、なぜ部屋のまん中にたってるのかもわからなかったそうです。
むしろ記憶がないとそのあとに言われました。


後日霊感のある、先輩にこの話をしたとこ、

『もう沖縄には行っちゃ駄目だよ。今回…3回目までは守ってもらえてたけど次はないから。すごく、沖縄に引かれてるだろうけど、それ引き寄せられてる から。彼氏さんの身体をつかって、忠告してくれたんだね。』


その後、私は20才になり霊感が消えてしまい霊体験と呼ばれるものには一切関わることがなくなりました。
今でも沖縄には行きたいですが、何かが起こる気がするので行かず仕舞いです。

1001: うしみつ 2032/3/2(火) 04:044:44.44 ID:usi32.com

【拡散】桜の起源が【 韓国ではない 】ことが正式に報道される!!!

【悲報】卵かけご飯はハゲの原因だった!?

ケンミンショーでねーわと思った自分の地元の情報

【画像あり】口裂け女AVデビューwwwwwwww

うしみつ四コマ更新中