140: 底名無し沼さん 2016/12/19(月) 23:11:11.67 ID:tWIeznwZ.net
こんな話もある。 
昔のことだから場所を書く。二上山 
低い山だ。お手軽なハイキング気分で友人たちと登った。 
谷沿いに登っていくと「カンカンカン」と音がした。 
はじめ気にしなかったが、また「カンカンカン」 
鳥か?と思った。また「カンカンカン」。鳥じゃない。 
人が何かを叩いているのか?山林作業? 
歩いていると、また「カンカンカン」 
友人の一人が言った。「10分おきに音がしている」 
やつは、時計で測っていたんだ。利発なやつだった。 
「しかも毎回3回ずつカンカンカンだ」。 
そのあとも10分おきに「カンカンカン」 
頂上付近にさしかかったときに、岩石が露出した 
ある程度広い舞台のようなところに出た。見ると 
そこに石が沢山ちらばっている。石器だった。 
石核や剥片、きれいな石刃や尖頭器のようなものもあった。 
「これ作っていたのかな?」と友人の一人が言った。 
「あのカンカンカン」 
でも、ここからは下の方にまでは音は聞こえないだろう? 
そうしていると、また「カンカンカン」 
音がなっているのはココじゃない。 
石器を拾い上げてよく見たが風化していて、最近つくられた 
ようなものではなかった。みんな、1つ2つくらいずつもって 
帰った。そこから離れるときにも「カンカンカン」 
頂上に着く頃には聞こえなくなった。 
下山するときも聞こえなかった。 
なんだったんだろうか?