Hades-et-Cerberus-III

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 02:22:55.35 ID:gt9FZoEVa.net
名前が悪そう

ハーデース
ハーデースは、ギリシア神話の冥府の神。例外的に一部の神話ではオリュンポス十二神の1柱としても伝えられてもいる。日本語では長母音を省略してハデス、あるいはハーデスなどとも呼ばれる。クロノスとレアーの子で、ポセイドーンとゼウスの兄である。妻はペルセポネー。その象徴は豊穣の角及び水仙、糸杉。ポセイドーンと同じく馬とも関連がある[3]。
神話中では女性の扱いに不慣れで、略奪する前のペルセポネーにどうアプローチしていいか悩むなど、無垢で純心な一面を見せる。

ペルセポネーの略奪
ある日ハーデースは大地の裂け目から地上を見上げる。そこにニュムペー達と花を摘んでいたペルセポネーが映る。そこをアプロディーテーの息子エロースの矢によって射たれ、ハーデースはペルセポネーに恋をしたとされる。一方ではハーデースはエロースとは関係なく、普通に一目惚れしたとの説もある。
コレーに恋をしたハーデースはコレーの父親であるゼウスのもとへ求婚の許可を貰いに行くが、ゼウスはコレーの母親であるデーメーテールに話をつけずに結婚を許した。ハーデースは水仙の花を使ってコレーを誘き出し、大地を引き裂くという荒業を用いて地下の国へ攫っていくが、母と地上を恋しがって泣くコレーに対してそれ以上強引な行動に出ることが出来ずに事態は膠着状態に陥ってしまった。 デーメーテールが「心優しい彼がこのようなことをするはずがない」と考え、ゼウスの陰謀であると気付いたとも言われる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/劉安 (三国志演義)