09-0611
過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: ヒップアタック(秋田県)@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 11:32:49.68 ID:gaXDEb2u0●.net BE:194767121-PLT(13000) ポイント特典
「源平合戦」に登場する源義経や武蔵坊弁慶、静御前らにゆかりのある自治体が集まり、歴史と伝承を生かしたまちづくりを考える「第10回義経・与一・弁慶・静合同サミットin大和郡山」が29日、奈良県大和郡山市のやまと郡山城ホールで開かれ、市民ら約800人が参加した。

 同市には、歌舞伎「義経千本桜」に登場する源九郎狐をまつる源九郎稲荷神社があり、義経や静御前とゆかりがある。

 この日は、岩手県平泉町、神奈川県鎌倉市など、全国8市町の担当者が「物語がつむぐ人とつながり」をテーマに討議。歴史作家による講演が行われた。

 パネルディスカッションも開かれ、上田清大和郡山市長が「義経らにゆかりのある多くの自治体が連携して“物語ツアー”のようなパッケージを作れないか」と提案。他の出席者からも賛同の声が上がった。

http://www.sankei.com/west/news/150830/wst1508300027-n1.html
五条大橋の決闘
尋常唱歌の『牛若丸』によれば、五条大橋は弁慶と牛若丸が出会った場所とされる。ただし異説もある。『義経記』によれば2人の出会いは清水観音の境内とされる。また、平安時代の五条通は現在の松原通に相当することから「五条の橋」は現在の松原橋付近とする説や2人の出会いの地は西洞院であったとの推測もなされている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/五条大橋