1: 野良ハムスター ★ 2015/08/31(月) 22:09:51.90 ID:???*.net
ライチョウの保護を目的に調査を行っている研究者のグループ「信州ライチョウ研究会」が、長野県の北アルプスでニホンザルがライチョウを食べている姿を確認した。

25日、ニホンザルがライチョウのヒナを捕まえて頭から食べている瞬間の写真を、松本市と安曇野市にまたがる北アルプス東天井岳で、信州大学の中村浩志名誉教授が撮影した。
中村名誉教授を会長とする研究者のグループ「信州ライチョウ研究会」が、長野県庁で緊急の会見を開き発表した。

もともと標高2500メートル以上の高山帯にはいなかったニホンザルが、ここ20年ほどの間に生息範囲を広げているという。ライチョウを食べている姿が研究者によって確認されたのは全国で初めて。

中村浩志名誉教授「私が一番恐れていたことが、現実に目の前で起きてしまった」

サルは群れで行動するため、ライチョウを食べる習慣が広がっている場合には、ライチョウの個体数の減少に深刻な影響を及ぼす可能性があるという。

今回の確認を受けて長野県では、今後、環境省などの関係者と協議を行い、対策を検討していくことにしている。

※リンク先に動画があります

20150831-210641-1-0007_l

http://www.news24.jp/articles/2015/08/31/07308384.html