4cf2f9c1

消えた過去記事復活掲載について
最近「過去記事が大量に消えていますが、どこにいったのですか?もう読むことはできないのですか?」といった内容のお問い合わせをいただいています。
かつてサイト移転をした際、 新たなレイティングに合わせて幾つかの記事をお蔵入りにしました。皆さんからいただいたコメントも一緒に消えてしまっている為、非常に申し訳ない気持ちで居たのですが…この際、幾つかの記事はちょこっと手を加えて当時のコメントをそのままに復活させることにしました。
本来の記事の邪魔をしないよう平日の深夜帯、時事性の無い記事のみに絞って少しずつ復活掲載させていただきますので、ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/09/05(土) 01:37:24.891 ID:6qs3gP+r0.net
あれはヤバかった…
検索してはいけないシリーズに入れてはいけないよあれは…
ウクライナ21
ウクライナ21(うくらいなにじゅういち)は、ウクライナの若者らが男性を拷問の末に殺害する顛末を録画したホームビデオの通称である。ビデオはインターネット動画共有サイトに流出し誰でも閲覧が可能となっている。通称の「21」は、この若者らによって殺害された被害者の人数が21人であるのが由来とされる。
ウクライナのドニプロペトロウシクに住む19歳の若者2人が、2007年6月から7月にかけてのわずか1ヶ月程度の間に快楽目的で21人を殺害した。この常軌を逸した異常な連続殺人事件は「ドニプロペトロウシク・マニア」(Dnepropetrovsk maniacs)と呼称される(海外メディアが本事件を「ドニプロペトロウシクの狂人たち」と報道したのが由来)。
若者らは殺人行為をビデオに録画していた。2008年末、容疑者のパソコンの中にあった幾つかの殺人映像が収められたビデオが流出した。その中の1つである「ウクライナ21」は完全な状態でインターネット上に流出した。流出の時点で犯人らは逮捕・拘禁されており、流出の原因は本人達の手によるものではないと考えられている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ウクライナ21