b1a36264

投稿フォームより質問をいただきましたため、お答えいたします


 
01




おかちるわ!
日曜日よりの使者
うしみつ正規ヒロインの金子ちゃんで~す! 




03



おう、ワシじゃ。銀子じゃ
滑り込みセーフで調査依頼を紹介していくぞ








調査報告①
名無しさんからの質問

管理人様はじめまして。いつも拝見させていただいております。
小学生の頃(5~8年程前)読んだ怖い漫画について調べていただきたく、ご連絡しました。違う作家による短編恐怖漫画を一冊にまとめたような単行本で、「ほんとうにあった怖い話」的なものだったと記憶しています。
その短編集の中の二話だけ、なんとなく話を覚えています。
古本屋で買ったのですが、当時は読んだ後気味が悪くなってすぐ捨ててしまいました。
最近また読みたいと思うようになりずっと気になっているのですが、検索してもよくわからず…お力を貸していただきたいです。

内容を下に箇条書きしていきます。

・マンションだかアパートだかに1人暮らししている女の人が主人公の話
・部屋に女の霊が出る
・ハサミが霊の顔に刺さっている絵を覚えている
・女の霊が包丁の刃先を自分の額に当て、壁に頭突きする容量で深々と突き刺していた
・主人公に、ハサミで顔がズタズタになった霊が馬乗りになっているシーンがあった


・マングローブでの話
・主人公がマングローブへキャンプ(?)しに行く
・途中で腐敗した死体を発見する(蛆虫とかムカデとかが集っていた)

情報が少なくてごめんなさい。この単行本の表紙は確か日本人形の写真が写っていたと思います(定かでないです)。
この手の本はたくさん出ていると思うので探し出すのは容易ではないと思うのですが、少しでも手がかりが掴めれば、と思います。
よろしくお願いします。
調査報告いたします。
皆さん、情報提供ありがとうございます!
うしみつには発見できず、情報も集まらなかった為、本来なら今週で〆切になる依頼でした。滑り込みセーフで真相にたどり着くコメントをいただいたため、早速掲載させていただきます。

7. 名前:名無しさん 投稿日:2015年08月31日 02:43 ID:XF9kd0oe0
5番なんだけど平山夢明の「超」怖い話シリーズにハサミガンガン顔に刺す女のやつとマングローブ(こっちはタイトルまんまだった希ガス)の話掲載されていた覚えがあります。
「超」シリーズのコミカライズなんじゃないかなあ
11. 名前:丑三つ時の名無しさん 投稿日:2015年09月01日 14:55 ID:4A.6.OJf0
※7 さま
⑤の依頼をしたものです。※7さまの情報により調べてみたところ、「マングローブの畔で...」という話がヒットしました。
内容も私が読んだものと一致します。平山夢明原作だったのですね。
ハサミの女の話の題名がまだ出てこないのですが、平山夢明絡みで根気良く探したら出てくるかも。
やはり漫画の絵がすごく怖かった気がしているので、コミカライズの方も調べてみます。
12. 名前:丑三つ時の名無しさん 投稿日:2015年09月01日 15:15 ID:4A.6.OJf0
※11の追記
⑤の依頼をしたものです。
調べたところ、「超」怖い話 〜死霊の宴〜 がわたしの探していた漫画だと判明いたしました!さっそく通販ポチりました。
※7さまの提供された情報の通り、平山夢明氏の原作だったようです。
管理人様、うしみつ読者の皆様、ご協力ありがとうございました!(1話目の『通告義務なし』が件のハサミ女の話だと思われます。
作画も相成ってなかなか怖かったと記憶しておりますので、管理人様もぜひ読んでみてください)

というわけで、調査依頼の漫画はこちら。
竹書房刊のホラー漫画オムニバス『「超」怖い話 〜死霊の宴〜』です。

07142946


①の漫画『通告義務なし』
image5

image6

こちらが①のお話『通告義務なし』です。

ワンルームマンションを借りた一人暮らしの女性。
ところが空き家であるはずの隣室からは、話し声や明かりが漏れていることがたびたび…。
不気味に思いながらも気にしないようにしようと暮らし ていた女性だったが、ある日、ついに隣室から…。


と、いったようなお話です。
事件があった部屋は、その後の借り主には通告義務が発生するが、隣室の住人にまではその義務は発生しない、という知っていはいけない不動産の秘密に触れる恐怖体験談でした。


②の漫画『マングローブの畔で』
image7

image8

image9

こちらは②の漫画『マングローブの畔で』

卒論の研究の為、石垣島にキャンプをしに来た大学生。
原始の中でのキャンプ生活を楽しんでいただが、日も暮れたころ、水辺に流れ着いた女の死体を発見してしまった…。


こんなお話ですね。
特に一話目の壁に頭突きのシーンは特徴的ですので、作品に間違いはないと思われます。

情報提供ありがとうございました!!

こちらはいわゆるコンビニ本で、すべて描き下ろし掲載の為、手に入れるのは難しいかもしれません。
ブック○フなどの古本屋で見つけたら、ぜひ一読ください。
私は「蠅」というお話が一番怖かったです。




調査(中間)報告①
名無しさんより質問いただきました

この度、調べてもらいたい事がありメールしました。
自分は現在24歳なのですが小学校低学年の時に図書室で借りた本のタイトルがどうしても思い出せません。
短編集のような本で表紙の表にタイトルとムンクの叫びのように驚いた?表情の少年が写っています。
裏には緑色のカエルみたいな化け物2体が酒か何かを飲んでいるイラストがありました。

さて、肝心の内容ですが覚えている限りの部分を書きます。
・ストーリーは全部で5つぐらいだった気がする
・所々に押し絵が入る
・表紙の少年をフューチャーしたエピソードもあり、両親の様子が最近おかしいと感じた少年がバレないように調査するみたいな内容でした。

オチは夜中、少年が両親の部屋をこっそり覗くと両親に変装していた裏表紙の化け物2体が両親の着ぐるみを脱いで談笑している姿を目撃してしまう的な終わり方だった気がします。

・他には自分の住んでいる家がどんどん年を取っていき、最終的にあばら家のようになってしまうみたいな話(風呂場に大量の砂が落ちている描写があったのを覚えています)や主人公の少年が謎のおっさんと出会い仲良くなるが、ある日おっさんは自分を未来から来た少年自身だとカミングアウトする。

おっさんが何故、過去に来たのかなどは忘れてしまったのですが何か目的があった気がします。
それで気味悪くなった少年はおっさんと距離を置くのですが、久しぶりにおっさんに会いに河原へ行くとおっさんが二人組の男性と口論になっている。
で、二人組の片割れが銃のような物でおっさんを射って倒れたおっさんを連れてタイムマシーンだったかUFOだったかに乗って消えていく…みたいな話もありました。

なにせ10年以上昔の記憶なので曖昧な部分が非常に多いですが、作品自体は今でも覚えているので余計に気になります。
以前、Yahoo!知恵袋に同様の質問をした時には回答が貰えませんでした。
よろしければ是非、調査をお願いします。
調査の中間報告いたします。
この件に関して、コメント欄にて情報をいただきましたので、さっそく調べてまいりました。

8. 名前:名無しさん 投稿日:2015年08月31日 07:07 ID:tVrnZlSI0
⑭番の最初の本は山中恒の「ママはおばけだって!」 ではないでしょうか?
現在入手できる文庫版では変わっていますが、単行本版では質問者様の言われるような表紙です。
私も小学生の時に読んだことがあり、裏表紙は「ママ」が緑色の化け物に代わっていく様子が複数のイラストで描かれていたと思います。
少年の一人称で語られ、クラスメイトの少女とママの秘密を探っていくストーリーだったと思います。
情報ありがとうございます!
単行本版は絶版で現在は入手不可能。ですので図書館で借りてきました。



山中恒「ママはおばけだって!」 
image1
こちらが表紙
ムンク「叫び」のような表紙。依頼の内容に似ているかも!


image4
表紙裏面
カエルのような化け物…ではなく、化け物の手が少年を襲っています


image3
こちらは目次ページ
情報提供者さんの言っている「ママが化け物に代わる」イラストだと思います


image2
内容
特に理由の無く選んだシーン



こちらが「ママはおばけだって!」の表紙と内容です。
表紙のイラストはかなり依頼の内容と似通っているのですが、いかんせん、こちらの本は短編集ではありませんでした。
また、ストーリーの終わりもメール文の内容とは違っているため、どうも依頼の児童書とは違うように思われます。


うーん、残念…!
ですが、これだけのヒントで似た児童書の情報がいただけたことは、今後の期待につながりました。

こちらの依頼は、今後も引き続き調査を続けていきます。
情報提供よろしくお願いいたします。



●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。