1: みつを ★ 2017/05/02(火) 20:46:19.72 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3127051?cx_tag=sp_sns&cx_position=1#cxrecs_s

【5月2日 AFP】リトアニアの首都ビリニュス(Vilnius)で1日、「ワルプルギスの夜(Walpurgis Night)」、別名「魔女の夜(Witches' Night)」を祝う伝統的な祭りが開催された。
祭りでは、魔女などの衣装を来た人びとが儀式を執り行った他、熱い炭の上を裸足で歩く参加者の姿も見られた。(c)AFP

2017/05/02 10:17(ビリニュス/リトアニア)

リトアニア首都ビリニュスで開催された「ワルプルギスの夜」で儀式を行う女性(2017年5月1日撮影)
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title
ヴァルプルギスの夜
ヴァルプルギスの夜(ヴァルプルギスのよる、独: Walpurgisnacht)は、4月30日か5月1日に中欧や北欧で広く行われる行事である。
古代ケルトにはバルティナあるいはケートハブンと呼ばれる春の祭りが5月1日にあり、この祭りの前夜がヴァルプルギスの夜などと呼ばれ魔女たちがサバトを開き跋扈(ばっこ)するなどと伝えられていた。歴史的なヴァルプルギスの夜は、キリスト教到来以前の異教の春の風習にちなんでいる。
ノース人の風習では、ヴァルプルギスの夜は『死者を囲い込むもの』とされていた。北欧神話の主神オーディンがルーン文字の知識を得るために死んだことを記念するもので、その夜は死者と生者との境が弱くなる時間だといわれる。かがり火は、生者の間を歩き回るといわれる死者と無秩序な魂を追い払うためにたかれ、光と太陽が戻るメーデー(5月1日)を祝うことにつながる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ヴァルプルギスの夜