1: ショルダーアームブリーカー(四国地方)@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 18:07:31.16 ID:RtqMbHYD0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
ゾンビパウダーの存在と秘密が明らかになりました。
ブードゥー教の父と言われるマックス・ボーヴォワール氏は、土曜日に79歳の生涯を閉じました。
彼は生前、アメリカ、ハーバード大学の教授、ウェイド・ディビスに18年前に埋葬され、その後甦ったタヒチの男性を紹介しました。
よみがえった男性の名前は、マルセル・ピエールです。
彼はゾンビ・パウダーを使ってこの世に甦ったとのことで、ゾンビ・パウダーのレシピも打ち明けました。
地元の村人は、ブードゥー教のその魔法の粉を信じ、よみがえった男の話を信じていますが、西側諸国の科学者は眉唾ものだと疑っています。

c91a2fcf-s

c057ec09-s

http://www.funny-aussie.com/archives/43122210.html
ゾンビ・パウダー
実際にゾンビを作るにあたってゾンビ・パウダーというものが使用される。ゾンビ・パウダーの起源はナイジェリアの少数民族であるエフェク人やカラバル人にあるとされる。西アフリカ社会では伝統的な刑法としてこの毒が用いられており、これが奴隷達により西インド諸島に持ち込まれた。一般に、「ゾンビ・パウダーにはテトロドトキシンが含まれている」と言われている。この毒素を対象者の傷口から浸透させる事により仮死状態を作り出し、パウダー全量に対する毒素の濃度が丁度よければ薬と施術により蘇生し、濃度が高ければ死に至り、仮死状態にある脳(前頭葉)は酸欠によりダメージを負うため、自発的意思のない人間=ゾンビを作り出すことが出来る。ゾンビと化した人間は、言い成りに動く奴隷として農園などで使役され続けた。
これらは民族植物学者、ウェイド・デイヴィスが自著で提唱した仮説であり、実際は事実に反する事項や創作が多く、例えばゾンビ・パウダーに使われているのはフグの仲間であるハリセンボンと言われるが、ハリセンボンはテトロドトキシンを持っていない。また、テトロドトキシンの傷口からの浸透によって仮死状態にするという仮説には無理があるとの指摘もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/フランシス・ベーコン (哲学者)