960: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 21:14:35.17 ID:L/xjZkvI0.net
時間:今日15時過ぎ
場所:多賀城から利府街道に入る前

俺が先行して、次長が後ろ。塩釜を出て会社に戻る途中。
利府街道手前辺りで音と歩行者、車などが認識出来なくなった。
ラジオは故障で、車は何か(津波かなにかで)規制があったと思い(パニックだった)車止めて次長に電話。スマホが黒画面でエラー文字なので、大きく迂回して知り合いの業者へ。

建物が変わっていて看板の字もワケわからんし(と俺は認識した)人も居ないので困り、そこの受付に電話出来ないかとスマホ弄ってたら工員が出て来てヘンな事を言うから、あ、これ夢だ、起きて仕事行かなきゃって思ったら、利府街道走ってた。

認識できた生物と音は工員だけ。

自己診断:明らかに何らかの精神疾患
客観的な矛盾:
1、心神喪失状態で35号から利府街道までよく走れたと思う。
2,塩釜店を出たのが15:00で、会社に付いたのが15:30。数分ずれてるだろうが、発も着も人に確認済み。普段40分はかかる道で、雨、かつ俺の頭がまともだった間は混雑していたのに早すぎる。
3,車のメーターは日報に書いたが、塩釜から社のぴったりの距離。迂回した距離は?


あとはお前に連絡した以外はまともに仕事して帰ってきた。

統合失調症など精神疾患の病歴なし、親類にも居ない。
ここに書けと言われて、いい気分はしない。
こんなところだ。

オカルト板の皆さんには申しわけないです。
私はいわゆる合理主義者?無粋者で、オカルトは信じませんが、信じたり楽しんだりしてる人を茶化す気持ちはありません。