過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/17(水)19:16:35 ID:yM3
日本の地獄にいると呼ばれてる牛頭馬頭の
馬頭
フィリピン神話のティクバラン(顔が猿に
なってる話もあるけど)
ヴィジュアルが驚くほどそっくり
あとドラクエのジャミのモデルなのかな?
上が馬頭下がティクバラン

no title

馬頭
馬頭人身の鬼。地獄で亡者を責めさいなむ獄卒のひとつ。牛頭とセットで語られることが多い。

no title

ティクバラン

ティクバラン(Tikbalang)またはティグバラン(Tigbalalng)は半人半馬の悪魔的な馬である。
彼は馬の頭に人の胴体、そして馬の足を持つ。人間の女をレ〇プするために夜に徘徊する。被害に遭った女性は更にティクバランを産むことになる。
彼らはまた特に山地や森で旅人を迷わせるとも信じられている。ティクバランは人々に対し悪戯をするのも好きで、ふつうは人間に本当ではないことを想像させる。また時に人間を発狂させることもある。言い伝えによれば、お天気雨が降っているときはティクバランが結婚式を挙げていると考えられる。馬がフィリピン諸島に到来したのはスペインの進出時であるため(よってフィリピンで「馬」を表す言葉はスペイン語からの借用語kabayoである)、半人半馬の生き物のイメージは原住民に夜を恐れさせるためにコンキスタドーレスによって広められたという説がある。ティクバランは実は日本の天狗のような半人半鳥の生き物であると主張する物語もある。