1123E585ABE78E8BE5AD90E59F8E222

561:本当にあった怖い名無し:2014/03/02(日) 12:33:27.29 ID:pv0AnL680

子供の頃の不可解な話

よく神社やその付近の森で友達と遊んでいたんだけど、夏休みのその日だけはなんか
違和感があった。夏なのに、霧が濃かった。
でも、子供なので気にせず、鬼ごっことかしてた。
んで、しばらくたったあと、友達の一人が「おーいおーい」と呼ぶんだ。
行ってみると、森の脇に小さな道があるのだが、普通は2つある。
一つは小さな滝のほうに通じて、もう一つは小さな祠に通じてる。が、そのわきに小さな藪道ができてた。
いつもはなかったのに、昔かあるという感じで普通に道ができていた。
俺たちは「うおーっ行ってみようぜー」とテンションが高くなってた。
怪しい感じとかはしない。
で、友達数人で進んでみた。周囲は藪が茂っていたが、道自体は砂利が荒く敷き詰められていたと思う。進みやすかったんだ。
そのうち、前にお堂が見えてきた。
一瞬「あれ?こんなところに大きな神社?」
と思ったのもつかの間、出発した神社その場所だった。いつもと違う角度から見たから、別の建物だと思っていたようだ。
来た道をそのまま引き返してきたかのようだった。
何人かは焦ってたが、俺ともう2人はテンションあがってた。
「うおーすげー!なんだこれー!」「なんでもどってくんだー!?」とか騒いでた。
他の連中は怪しいのか、「変だよね」とか言ってたが、2人は「お前、ここで見てて。俺らちょっと行ってくる」
と言ってまた同じ小道を走って行った。
ここまででも奇妙な思い出なんだが、不可解なのはそのあとの記憶がないんだ。
走って行った2人も誰だったか思い出せない。
この記憶も、小学校を卒業して、中学に入った時にふと思い出したんだ。
あのあとも何度も神社に行くことはあったのに、そのことはバッサリ記憶が消えてた。
一緒にいたと記憶にある奴に話したこともあった。
けど「あ~、そんなことあったな~」と言って一応記憶はあるんだが、その走って行った2人については
「そうだっけ?あのあと気味悪くて帰ったと思う」と言っていた。
実際、神社に行ったが、道は2本だけであの時現れた小道はなかった。