d90ea5e8c256c4f3_S

1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/30(水)22:03:12 ID:cfc
カースト・・・ご利益信仰・・・呪術・・・神秘主義・・・
おや?こっちのほうが日本人に合ってるような?
ヒンドゥー教
ヒンドゥー教、慣用表記でヒンズー教は、インドやネパールで多数派を占める民族宗教、またはインド的伝統を指す。西欧で作られた用語である。
英語のHinduは、まずイスラーム教徒との対比において用いられるのが今日一般的で、イスラーム教徒以外で小宗派を除いた、インドで5億人を超えるような多数派であるインド的な複数の有神教宗派の教徒の総称である。
ヒンドゥー教徒の数はインド国内で8.3億人、その他の国の信者を合わせると約9億人とされ、キリスト教、イスラム教に続いて、人口の上で世界で第3番目の宗教である。
狭い意味でのヒンドゥー教は、バラモン教から聖典やカースト制度を引き継ぎ、土着の神々や崇拝様式を吸収しながら徐々に形成されてきた多神教である。紀元前2000年頃にアーリア人がイランからインド北西部に侵入した。彼らは前1500年頃ヴェーダを成立させ、これに基づくバラモン教を信仰した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒンドゥー教