1: ニライカナイφ ★ 2017/05/28(日) 21:15:28.98 ID:CAP_USER9.net
天文学者らの間で大型のエンケ彗星の破片が数年後にも地球に落下する危険性があげられている。
学者らの説では落下は2022年にも起こる可能性がある。


エンケ彗星は3,3年と短い周期で太陽の周りを公転する彗星。
学者らはエンケ彗星から離れた小型の小惑星は地球には脅威を与えないものの、5年後にはより大きな破片が破滅的な勢いで地球に近づく危険性があると唱えている。

小惑星は他の小惑星と衝突した結果、飛行の方角を変えてしまい、地球に落下する可能性がある。
もしこうしたことが起きれば、甚大な規模の破壊が生じる。
エンケ彗星の直系は300メートルにも達するおそれがある。

no title

https://jp.sputniknews.com/science/201705283683882/