o-CERES-PYRAMID-MOUNTAIN-facebook

1: Egg ★ 2015/10/02(金) 17:43:14.45 ID:???*.net
米航空宇宙局(NASA)の科学者らがこのたび、準惑星「セレス」をめぐる多くの謎の解明を目的に、一般の人々からの意見を広く募っていることを明らかにした。神聖なる科学の殿堂へと続く扉を開放して支援を求めたかたちだ。

NASAの無人探査機「ドーン(Dawn)」は2015年3月、約7年半の歳月を経てセレスから約49億キロの位置に到達。同準惑星を周回する初の探査機となった。

セレスは、火星と木星の間で太陽の周りを公転している。探査機は、地球や他の惑星の形成についての理解を深めることを目標に、セレスの構造について調査を行っている。

しかし、「ロンリー・マウンテン(Lonely Mountain)」と呼ばれる高さ6キロの突起部など、セレスが持つ特徴の多くに科学者らは頭を悩ませている。

ドーンの調査責任者、クリストファー・ラッセル(Christopher Russell)氏は、仏西部ナントで開催された宇宙関連の会合で

「この山が何でできているのかを理解するのは難しい。 これまで、一般の人々からも多くの意見が寄せられている」

と記者団に述べた。

ラッセル氏は、一例として、探査機愛好家のある男性から届いた電子メールについて触れた。メールには、この男性が米アーカンソー(Arkansas)州の森で見た氷でできた構造とロンリー・マウンテンが似ているとあり、「氷の構造は、(地面から)突き出したもの」「岩のようなものが氷の表面を保護し、内部を低温に保っているようだった」と書かれていたという。

ラッセル氏は、「ロンリー・マウンテンも、氷でできた物体である可能性がある」と述べ、「われわれは、こうした意見を非常に真剣に受け止めている」と続けた。

ドーンは、10~12月にかけてさらにセレスに接近する。最終的には高度375キロの最終軌道に到達する予定となっており、さらに多くの情報が得られると期待されている。

ドーンは、2016年半ばまで運用される予定。

AFP=時事 10月1日(木)11時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151001-00000015-jij_afp-sctch