no title

634: 底名無し沼さん 2017/05/31(水) 14:08:24.72 ID:4ihzV2uE.net
3月、冬の日光白根山に菅沼ルートから単独で登った時の話。
その年は積雪量が多く、2mくらい積もってクラストし、良く締まった冬道に昨日僅かに降った新雪が2~3センチ積もった状態。風は殆んど止んで気温は-12℃の快晴。
午後の日差しで雪が緩み、雪崩の危険が高まる前に下山したかったので深夜2時にヘッドランプ点けて完全冬山装備で登り始めた。
ギュッギュッと新雪を踏み締める音と、クラストした雪にカチッと食い込むアイゼンの感触を楽しみながら順調に歩を進めていると、やがて前方に先行する登山者のヘッドランプの明かりが見えた。
冬道ならではの谷間の緩い傾斜で、100mくらい先をユラユラと登っている。
暫く、先行者の後を追う形で、見え隠れするランプの微かな明かりを確認しながら登っていたが、
弥陀が池手前の急斜面に差し掛かった所で奇妙な事に気付いた。
こちらが歩を早めても緩めても、その差は開きも縮まりもせず、常に一定距離を保っている。
満点の星空だったが新月で月明かりは無く、自分の20ルーメンのランプでは先行者の様子はわからなかった。
試しに「オーイ!」と声を掛けてみても何の返事も無く、ランプの光点だけがユラユラ揺れている。
「何かおかしい‥」登りながらずっと感じていた漠然とした不安が確信に変わったのは、新雪の上にあるはずの先行者のトレースが全く付いていない事に気付いた時。
振り返ると自分の足跡とピッケル跡だけがクッキリと残っている。
ゾクッとした。
考えてみればこの冬道は他のルートからの合流など無く、駐車場にも自分の車しか無かったはずだ。
「これは‥まずいな」
状況を理解すると次は本能的な恐怖が込み上げてきて、俺は慌てて来た道を引き返し始めた。
ずっと後ろを振り返らず、一心不乱に下山してやっと車まで引き返した所で登山口に目をやると、ずっと後方であの明かりがユラユラ揺れながらこちらに向かって近付いて来るのが見えた。
車を沼田市街に向け、途中のコンビニ駐車場で夜明けを待ったが、結局その日は再度トライする気になれず帰宅した。