kuro_150925nikkari03

1: のっぺらー ★ 2015/10/12(月) 02:14:20.47 ID:???.net
江戸時代に丸亀藩を治めた京極家伝来の日本刀「ニッカリ青江」の脇差しを中心に、貴重な資料を展示する「京極家の家宝展」が、香川県丸亀市の市立資料館で開かれている。
歴史上に実在した日本刀をキャラクターに擬人化したオンラインゲームの人気が高まる中、「刀女子」と呼ばれる刀剣に興味をもつ大勢の女性たちでにぎわっている。
11月29日まで。

■オンラインゲーム人気で

同展は、同市の合併10周年を記念して開催。
ニッカリ青江は、丸亀藩の初代藩主、京極高和の伯父、忠高が豊臣秀頼から拝領した名刀(長さ60・3センチ、反り1・2センチ、元幅3・1センチ)で、国の認定重要美術品に指定されている。
夜中に、“にっかり”笑う女の幽霊を切り捨てたというのが名前の由来という。

会場には、人気オンラインゲーム「刀剣乱舞-ONLINE」に登場する美男子キャラクターのモデルになった名刀「ニッカリ青江」をひと目見ようと、若い女性たちが殺到。
日本美術刀剣保存協会讃岐支部メンバーの説明を聞きながら、ニッカリ青江を鑑賞したり、美男子キャラクターのイラストを写真におさめたりしていた。

高知市の派遣社員、村上伊代さん(31)は「刀身が美しく輝き、いくら見ていても飽きない」と満足そうだった。

同展では、京極家が戦の折、本陣に掲げた「二尊旗」をはじめ、侍烏帽子(えぼし)や軍扇など同家に伝わるさまざまな資料を公開している。
入場無料。月曜休館(12日、11月23日は開館)。午前9時半~午後4時半。

写真:京極家伝来の名刀「ニッカリ青江」を鑑賞する大勢の「刀女子」ら。
wst1510110045-p1


以下ソース:産経west 2015.10.11 19:34
http://www.sankei.com/west/news/151011/wst1510110045-n1.html
20150221182110

にっかり青江
にっかり青江(にっかりあおえ)は、鎌倉時代の備中青江派作の日本刀(大脇差)である。
備中青江派の刀工・青江貞次の作とされるもので、元は2尺5寸(約75cm)の太刀だったが、2尺(約60cm)の刀、さらに1尺9寸9分にまで磨りあげられた。名称の由来は、にっかり笑う女の幽霊を切り捨てて、翌朝確認をしたら石塔が真っ二つになっていたという伝説による。斬ったとされる武士は、中島修理太夫・九理太夫兄弟、浅野長政の家臣、六角義賢に仕えた狛丹後守の3説がある。この武士から柴田勝家に所有が移り、子の柴田勝敏に譲られた。さらに勝敏を討った丹羽長秀から豊臣秀吉に献上され、子の豊臣秀頼から京極高次に与えられたと考えられる。
讃岐京極家には「京極にすぎたるものが三つある にっかり茶壺に多賀越中」という狂歌が残る。茶壺とは野々村仁清作の茶壺で、京極家には他の大名家がうらやむような名品が数多くあり、国宝指定されているものもある。多賀越中とは佐々木京極氏が近江にある頃から仕えた重臣で、幕藩時代を通じ代々多賀越中某と名乗り、江戸時代は家老職を務めた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/にっかり青江