1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/14(水) 07:44:09.17 ID:UHMs0AeOa.net
no title

no title


かわいい
 
Wpdms_fh_uncanny_valley

不気味の谷現象
不気味の谷現象(ぶきみのたにげんしょう)とは、ロボットや他の非人間的対象に対する人間の感情的反応に関するロボット工学上の概念である。
ロボット工学者の森政弘・東京工業大学名誉教授が1970年に提唱した。森は、人間のロボットに対する感情的反応について、ロボットがその外観や動作において、より人間らしく作られるようになるにつれ、より好感的、共感的になっていくが、ある時点で突然強い嫌悪感に変わると予想した。人間の外観や動作と見分けがつかなくなると再びより強い好感に転じ、人間と同じような親近感を覚えるようになると考えた。
外見と動作が「人間にきわめて近い」ロボットと「人間と全く同じ」ロボットは、見る者の感情的反応に差がでるだろうと予想できる。この二つの感情的反応の差をグラフ化した際に現れる強い嫌悪感を表す谷を「不気味の谷」と呼ぶ。人間とロボットが生産的に共同作業を行うためには、人間がロボットに対して親近感を持ちうることが不可欠だが、「人間に近い」ロボットは、人間にとってひどく「奇妙」に感じられ、親近感を持てないことから名付けられた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/不気味の谷現象