no title

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:06:20 ID:Sqn
やっぱ三重の中学の水難事故やろか?


2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:10:50 ID:Sqn
知らん人おるかもしれんからこれやで

https://www.youtube.com/watch?v=HUrqNzRJQIs


4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:11:36 ID:M4Z
なあ、何でこんな時間にこんな動画貼るんや…

8: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:18:20 ID:yoq
ローゼンハイム事件
 1967年、ドイツバイエルン州ローゼンハイムの弁護士事務所でで怪現象が発生した。4台ある電話が同時に鳴り出したり 通話中に雑音が入ったりするのである。
最初は単なる電話の故障だと考えられたが、調べても異常は発見されない。そこで 事務所は電話機を替え、通話を記録できる機器を取り付けた。
すると、誰も電話を使っていないのに時報の局番に、何千回となく かけられいることが分かった。
 怪奇現象は次第にエスカレートしていく。蛍光灯がソケットから外れ、ヒューズが飛び、替えたばかりの電球がいきなり爆発する。 さらに、壁にかけた絵が回転し、引出がガタガタ動き、175キロのキャビネットが勝手に動き出した。
 そして、これらの怪奇現象はアンネ・マリーと言う1人の女性社員の勤務中にだけ起きることが分かり、彼女が事務所を辞めると 怪奇現象もピタリとやんでしまった。
 
no title

ローゼンハイム・ポルターガイスト事件
ローゼンハイム・ポルターガイスト事件は、ドイツの超心理学者ハンス・ベンダーによって調査された、1960年代後期に南バイエルンでローゼンハイムで起きたポルターガイスト現象事件です。
ベンダーは、弁護士シグムンド・アダムのオフィスで起きた一連の出来事は19才の秘書アンヌマリーの無意識な遠隔操作能力に起因するものだと主張しました。


https://en.wikipedia.org/wiki/Rosenheim_Poltergeist


9: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:19:10 ID:GcO
>>8
こわE

16: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:24:50 ID:azj
>>8
欠陥住宅+電気工事適当で電話壊れてて絵を掛けるところにモーターついてるんやろなぁ

21: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:28:30 ID:Sqn
>>8
ストーカー幽霊かな?

14: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:24:03 ID:ygJ
心霊現象に限らず原因不明な事件事故おしえろ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:24:08 ID:B6D
会社のホワイトボードに書いていた文字が次の日来ると必ずぐちゃぐちゃに崩れた字体に変わってるってのあって
カメラしかけたらポッドの蒸気で溶けていたってのがあったなぁ
テレビでそれを見て以来、この世に幽霊怪奇の類はないのだと確信した

18: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:26:39 ID:zb1
エレベーターのあれ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:29:11 ID:B6D
>>20
たぶん目に見えない何かを気にしてる女がエレベーターのカメラに映ってて、
その女が直後に死んだやつじゃない

23: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:29:25 ID:zb1


>>22
それ
2013年、エリサ・ラムはホテルの屋上の貯水タンクの中に死体で見つかった。
エリサが死ぬ直前の監視カメラの映像が見つかっているが、かなり不可解な動きをしている


73: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)05:07:51 ID:B5u
セシルホテルやろ
no title

74: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)05:41:34 ID:Sqn
>>73
調べてみるわ

75: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)06:10:43 ID:Sqn
このホテルすごいとこなんやな…
稀代のシリアルキラーが二人も宿泊しとったなんて
ホテルの貯水タンクに21歳女性の遺体。宿泊客が「水がおかしい」とクレーム、発覚。米ロサンゼルスで2月、ホテルの貯水タンク内で若い女性の遺体が発見された事件で、検死当局は20日、事故による溺死だったとの報告書を出した。
ツアーガイドのリチャード・シェーブさんによると、このホテルは血塗られた歴史をもつ名所としても知られるという。
ホテル内では殺人事件も起きている。64年6月4日、元電話交換手のゴールディー・オズグッドさんの遺体が発見された。部屋は荒らされ、オズグッドさんはナイフで刺されて首を絞められ、レ○プされていたという。


貯水タンクに遺体発見のセシルホテルは、実は呪われたホテルだった


25: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:31:39 ID:Sqn
あとポルトガルでヒッチハイクした幽霊も有名やね

https://www.youtube.com/watch?v=pMBtLfhf434


これは本物をもとにしたイメージ映像やけど
警察は本物見たらしいやね

24: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:29:56 ID:GcO
>>22
はえー
さんがつ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:36:41 ID:fm8

30: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:38:42 ID:zb1
>>28
最近のやつか


31: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:39:40 ID:fm8
no title
埼玉県秩父市浦山の県道で、18歳の少年らが乗る軽自動車がフェンスを突き破り崖下に転落する事故が起きました。
発表によりますと4月22日午後9時40分ころ、秩父市浦山の県道で、横瀬町横瀬に住む無職・柏木海渡さん(18)が運転する軽自動車が、道路脇に設置されていたフェンスを突き破り、高さ約15mの位置から崖下に転落したということです。
警察の調べに対して軽自動車に乗っていた少年3人は「心霊スポットを探すためドライブをしていた」などと説明しました。
その後の発表によりますと、助手席に乗っていた男子学生が「走行中に岩のようなものに衝突し、エアバッグが開いて前が見えなくなった」などと話したということです。 

32: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:41:51 ID:zb1
>>31
こわE

36: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:45:39 ID:Sqn
>>31
幽霊が落石したんか?

29: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:38:21 ID:Sqn

33: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)03:43:08 ID:Sqn

42: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:03:00 ID:Sqn
第2次大戦後の日本で、警察が呪いに対して動いたことがある。
昭和29年の秋田市にて、田中義江さんは、突然胸の痛みで倒れた。
医者には原因がわからぬまま。
数日後、交際相手の山本鉄也さんが警察に
「彼女はワラ人形の呪いをかけられている。」と訴えた。
山本さんは、数年前から堀田清子さんと交際していたが、 義江さんのことが好きになり別れ話を持ち出した。
しかし、清子さんは諦めきれずにやり場のない怒りを義江さんに向けて近所の神社で「丑の刻参り」を行なったのだ。
警察は検討した結果、清子さんを脅迫容疑で逮捕した。
すると途端に義江さんの体は回復し、周囲の人を唖然とさせたのだ。
他にも呪いが効力を現したかにみえる事件として、女性関係に問題が多い男性が交際相手の女性の一人から呪われ、
原因不明の頭痛が長期間続いたと言う報告がある。
これらの事件は「負のプラシーボ効果」によるものと思われる。
「病は気から」というが、人間は思い込みによって本当に特定の症状が発現する。
神社に来た人がワラ人形を目撃、この噂が義江さんに伝わる。
日常的に起こることでも呪いのせいではないかと思えて脅迫観念となり、
その不安がホルモンバランスを乱して変調を起こしたと思われる。

[補講]植民地に派遣されたオランダ人宣教師は次のような報告を残している。
「地神のタブーにふれたと信じこむと、地元の人はどこも悪くなくとも数週間の間に死亡した」。
平安時代の日本でも、強力な呪いを受けたと信じこんだ者が恐怖に脅えて死んでしまうという話がいくつか残されている。
強迫観念が強ければ死に至ることもあるだろう。

http://shinreitoshi.com/archives/37605094.html

44: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:07:24 ID:Sqn
電車の人身事故で遺体や血痕すらみつからない
話ってたまに聞くけどなんでなんやろ?

45: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:07:52 ID:yoq
>>44
うまいこと電車に張り付いたんやろ

48: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:09:37 ID:vzN
>>44
そらもう、あの部屋に転送されたからやろ

51: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:11:16 ID:ljR
骨までグチャグチャになるから音は酷いけどね
圧力掛かってないから飛び散る訳じゃ無いんだろ

52: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:15:10 ID:Sqn
>>51
肉片も結婚も見つかってないならそうはなっとらんやろ

54: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:26:09 ID:svl
座ると死ぬ椅子は幽霊による事故?

no title
バズビーズ・チェア
バズビーズ・チェア(Busby's chair)は、イギリスのノース・ヨークシャー州で絞首刑に処された、殺人者トーマス・バズビーの亡霊に取り付かれ呪われていると伝えられる、オーク材の椅子。
「ザ・バズビー・ストゥープ・チェア」、「デッドマンズ・チェア」とも呼ばれている。現在はサースク博物館のビクトリア朝コーナーに展示されている。
バズビーは、1702年に義理の父であるダニエル・オーティを殺害した罪により逮捕され、死刑が宣告された。伝えられるところによれば、それ以来この椅子に腰掛けた63人が、ほどなく死亡するという事態が相次ぎ、巷ではバズビーの亡霊に取りつかれると噂されるようになった。
バズビーは、貨幣贋造者で大酒飲みだったといわれている。話によると、村の美女であるエリザベス・オーティと結婚したが、彼女の父親であるダニエルは結婚に反対していた。ある日バズビーが自宅に戻ると、義父のダニエルがバズビーのお気に入りの椅子に座っているのを見つけた。ダニエルは娘を家に連れ帰るためにここにいると告げたが、バズビーはこれを拒否し、その夜、ベッドの中で義父を絞め殺した。バズビーは、エリザベスと共に暮らした宿のわきのサンドハットン十字路で縛り首にされた。宿は、その後バズビー·ストゥープ·インと命名されたが、バズビー·ストゥープ·インは、2012年に閉鎖した。

1972年、最終的に椅子は、座られることを防ぐためにサースク博物館の天井から吊り下げられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/バズビーズ・チェア

55: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:29:03 ID:Sqn
>>54
それも昔アンビリーバボーであったな

57: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:30:36 ID:vzN
でっかい人形も何か無かったっけ
絶対死んじゃうやつ
no title

58: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:32:35 ID:ijc
>>57
馬鹿にすると死ぬやつやね
確かロバートって名前やったか

61: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:36:46 ID:vzN
>>58
調べた
ワイが思ってたのは「呪いの人形 アベナル」ってやつやった

ロバートなんてのもあるんやね
てか呪いの人形多すぎ
no title

62: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:37:26 ID:ijc
>>61
ほーんそんなのもあるんか

64: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:38:13 ID:vzN
>>62
http://karapaia.com/archives/51507634.html

これの3番目がアナベル
ロバートは1番

59: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:32:39 ID:kyX
心霊というか宗教だけど、ジョーンズタウンの集団自殺もなかなかやで
笑いながら毒入りのジュースを飲んでるやつも大勢いたとか
no title

人民寺院
人民寺院(じんみんじいん、Peoples Temple)は、1978年にガイアナで集団自殺を行ったことで知られるアメリカのキリスト教系新宗教である。カルトの典型とされた。
人民寺院は1955年に、ジム・ジョーンズ(ジェームス・ウォーレン・ジョーンズ)によってインディアナ州インディアナポリスで設立され、1959年にはクリスチャン・チャーチに加盟し、「人民寺院・クリスチャン・チャーチ・フルゴスペル」と改名した。その後、1963年にカリフォルニア州サンフランシスコに拠点を移している。「人種差別撤廃」を掲げ、ジョーンズ自身も韓国人と黒人の子供を養子にしていた。
1973年に人民寺院は、ガイアナ西部のジャングルを切り開き「ジョーンズタウン(Jonestown、正式名称はPeople's Temple Agricultural Project)」と呼ばれる町を作り上げ、外界と完全に遮断された状況下で自給自足の生活を開始した。その後アメリカから多くの信者がジョーンズタウンに移住した。
しかし間もなく、「ジョーンズタウン」においてジョーンズらによる信者への暴力事件やレ○プなどが多発し、信者たちに強制労働が行われているとの噂が立った。さらに、信者の子供が無理やり「ジョーンズタウン」に連れて行かれ、まともな教育も提供されなかったことや、これらの状況に嫌気がさして脱退しようとした者がそれを許されず、実質的な監禁状態に置かれていたこと、ジョーンズの指示で「外部からの侵略」が行われたときに備えて、週1回「ジョーンズタウン」に住む信者に対して、銃を使った軍事訓練を行っていたことなどが、逃亡した元信者や信者の家族などにより伝えられたことから、人民寺院やジョーンズに対する批判が起き、社会問題として大きく取り上げられるようになった。
(中略)
襲撃後「ジョーンズタウン」に犯行から戻った信者たちは、同日午後5時過ぎ、ジョーンズの指示によって、大きな鍋に入ったシアン化合物入りの飲料水を飲むか、シアン化合物を注射して集団自殺を図り、「ジョーンズタウン」で暮らしていた信者の約9割の914人が死亡した。その内の267人は18歳以下の子供であった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/人民寺院

60: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:35:18 ID:Sqn
>>59
宗教かなんかのやつか?

41: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)04:00:26 ID:vzN
幽霊の話と未来人の話は推論が尽きなくて楽しいンゴねぇ~



元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1497377180/
01



幽霊っぽくない事件が多く挙げられてる辺り
あまりパッと思いつく「幽霊が起こしたとされる事件」
って無いんでしょうねぇ
オレは振袖火事が最初に思い浮かびましたが…幽霊か?






no title

明暦の大火
明暦の大火(めいれきのたいか)とは明暦3年1月18日(1657年3月2日)から明暦3年1月20日(1657年3月4日)までに江戸の大半を焼いた大火事。振袖火事・丸山火事とも呼ばれる。
以下のような伝承があるので振袖火事とも呼ばれる。

お江戸・麻布の裕福な質屋・遠州屋の娘・梅乃(数え17才)は、本郷の本妙寺に母と墓参に行ったその帰り、上野の山ですれ違った寺の小姓らしき美少年に一目惚れ。ぼうっと彼の後ろ姿を見送り、母に声をかけられて正気にもどり、赤面して下を向く。梅乃はこの日から寝ても覚めても彼のことが忘れられず、恋の病か、食欲もなくし寝込んでしまう。名も身元も知れぬ方ならばせめてもと、案じる両親に彼が着ていた服と同じ、荒磯と菊柄の振袖を作ってもらい、その振袖をかき抱いては彼の面影を思い焦がれる日々だった。だがいたましくも病は悪化、梅乃は若い盛りの命を散らす。
両親は葬礼の日、せめてもの供養にと娘の棺に生前愛した形見の振袖をかけてやった。当時こういう棺に掛けられた遺品などは寺男たちがもらっていいことになっていた。この振袖は本妙寺の寺男によって転売され、上野の町娘・きの(16)のものとなる。ところがこの娘もしばらくの後に病となって亡くなり、振袖は彼女の棺にかけられて、奇しくも梅乃の命日にまた本妙寺に持ち込まれた。寺男たちは再度それを売り、振袖は別の町娘・いく(16)の手に渡る。ところがこの娘もほどなく病気になって死去、振袖はまたも棺に掛けられ、本妙寺に運び込まれてきた。
さすがに寺男たちも因縁を感じ、住職は問題の振袖を寺で焼いて供養することにした。住職が読経しながら護摩の火の中に振袖を投げこむと、にわかに北方から一陣の狂風が吹きおこり、裾に火のついた振袖は人が立ちあがったような姿で空に舞い上がり、寺の軒先に舞い落ちて火を移した。たちまち大屋根を覆った紅蓮の炎は突風に煽られ、一陣は湯島六丁目方面、一団は駿河台へと燃えひろがり、ついには江戸の町を焼き尽くす大火となった。


https://ja.wikipedia.org/wiki/明暦の大火

05



反対に幽霊の存在が
解決に繋がった事件といえばこの二つですね







秩父貯水槽死体遺棄事件
概略
昭和51年のこと。埼玉県は永福寺周辺にて女性の幽霊目撃談が広まり始める。
その後も幽霊目撃談が跡を絶たず、さらには「顔が溶けた女性の霊」という具体的な特徴を持って噂が広がり続けた。
ある日、消防団の男性が防火用貯水槽のフタを開けると、中に死体が入っていた。死体は幽霊騒ぎの特徴と合致する、腐乱して顔の溶けた女性であった。
死亡時期は一年前であり、幽霊騒ぎが始まった時期と合致した。一年前の死体、ということで捜査は難航を予想されたが、なんとわずか三日で犯人が捕まってしまった。
幽霊が自らの死体の存在を知らせ、犯人を捕まえさせたのだ、と話題になった。
その後、とあるジャーナリストが被害者の家を取材するためにカーナビを操作して出発したが、何度やってもとある墓地に案内されてしまう。そこは被害者の女性が眠る墓地だった。その後、TV局のスタッフが調査を行ったが、前述のジャーナリストと同じ現象が起こった


被害者の霊が事件を解決させた…?日本犯罪史上に残る驚きの幽霊事件
ハローキティ殺人事件
ハローキティ殺人事件は1999年に香港のナイトクラブで働いていた妊娠中の女性が尖沙咀のアパートに誘拐・監禁され、拷問の末死亡した事件である。
被害者は当時23歳のナイトクラブの渉外役の女性で、1997年に祖母の医薬費を調達するため、ポン引きの頭であった被告(33歳)から数千元相当の香港ドルとその他の財物(一説には麻薬の借金)を受け取った。3人の男(33歳、26歳、19歳)は女性に借金の返済を強く求め、妊娠した後でも依然として客をとらせるなどしていたが、被害者は返済する力がないと知って腹を立て、尖沙咀加連威老道 (Granville Road) のアパートに監禁した。被害者は1か月に渡る暴行・拷問の末に死亡した。男(34歳)は被害者の死亡を確認すると、死体をバラバラにすることに決め、男らは死体を浴槽で瀉血し、プラスチック製の袋に入れるなどして捨てたほか、頭部をストーブで煮た後ハローキティ人形の頭に詰めて縫合した。
事件から2か月後、男(19歳)のガールフレンドだった少女(13歳)が幽霊に憑かれるという絶え間ない夢を見ていると女児院で話したことから1999年5月24日に警察に通報され事件が発覚した。5月26日、少女を伴って警察が捜査を開始、法医学者により人形の中から被害者の頭部が発見されたが煮沸されていたためDNA鑑定を行うことが不可能だった。警察側はすぐに男らを追跡し、5月27日に1人(33歳)を葵涌麗瑤邨の潜伏先で逮捕、1人(26歳)は自主的に出頭、もう1人(19歳)は中国広西に逃れたが偶然警察に発見され逮捕された。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ハローキティ殺人事件

no title

●「うしみつ」ではみなさんからのネタ提供をお待ちしています●
ブログを見ていただいたみなさんからのネタ提供を募集します。
以下のようなネタがあれば、「うしみつ」にどしどしお送りください。
ネタはブログに掲載させていただきます。

・恐怖体験談、不思議体験談(実体験・創作問わず)
・「うしみつ」でやってもらいたい話題、ネタ(どんなものでも構いません)
・「うしみつ」で調べてもらいたい話題、ネタ(オカルト関連の未確認情報や噂など)
・イラスト投稿
・その他、速報や上記に該当しない様々なネタ


ネタ投稿は usi32@kjd.biglobe.ne.jp へお願いします。
尚、ネタ投稿以外の連絡先は別ですのでご注意ください。

追記①:たくさんのネタ投稿をいただいております。ネタはなるべく一か月以内に掲載させていただきますが、調査依頼など、掲載に時間がかかる物もあります。気長にお考えいただければ幸いです。
追記② :いただいたメールには掲載日までにお返事を送っております。PCからURL込みの返送となるため、設定によってはお手元に届いていない可能性があります。ご了承ください。