dcf20e27

過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/18(日) 03:53:37.76 ID:C3A21A//0.net
no title

no title

no title

no title


アマゾンで溺れてこんなんが周りにいたらウンコ漏れる
 
アマゾンカワイルカ
アマゾンカワイルカ (Inia geoffrensis) は、哺乳綱クジラ目アマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属に分類されるイルカ。
現生群は本種および2008年(平成20年)に本種の亜種から新種と確認されたボリビアカワイルカ (Inia boliviensis)[1]、2014年に新種として記載された (Inia araguaiaensis) の3種でアマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属を形成する。
川底に生息するカニや小魚を食べる。小さなカメを食べることもある。通常は単独ないし2頭で行動することが多く、3頭以上の群を成して行動することは少ないが、極めて稀に20頭程度の群を成すこともある。
アマゾン川流域において、アマゾンカワイルカにまつわる次のような民間伝承が知られている。 夜中、アマゾンカワイルカはハンサムな若い人間の男性に化けて乙女に近づき、妊娠させて、朝になると元のイルカになって川へ戻っていく。 アマゾンカワイルカの雄の生殖器は人間の男性の生殖器に似ており、このことがこの伝説の基になっているという説もある。


https://ja.wikipedia.org/wiki/アマゾンカワイルカ