20150109234433

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/19(月) 11:57:28.098 ID:lRIZctJY0.net
信じてる奴多すぎ
 
高エネルギー可視光線
眼科の分野では、高エネルギー可視光線(こうエネルギーかしこうせん)とは、可視光線の高周波数側の光で、分光分布の波長で言うと380 nmから530 nmの紫~青色の光を指す。
HEVは加齢黄斑変性の原因の一つとして考えられている。最近のサングラスでは、紫外線だけではなく HEV もカットして防ぐようものが増えてきている。そのようなレンズでは、青色光を紫外線に準ずる危険な光として位置付けてカットしている。また、100円ショップなどでも「ブルーライトカットメガネ」と称して似たような物が売られているが、効果については不明。
網膜損傷を引き起こす光化学的なメカニズムは、目の光受容体による光吸収によって引き起こされる。光が光受容体に照射される通常の状態では、その細胞が白濁すると、視覚のビジュアルサイクルと呼ばれる代謝過程を通して光受容体としての機能が回復する。しかしながら、青色光を多く吸収した場合は、細胞が白濁してから機能回復する前に再び悪化するプロセスを引き起こす事が報告されている。この事は網膜細胞の酸化的損傷の可能性を大きく増加させている。
このメカニズムによって、皮膚のような生物学組織、目のレンズ、特に網膜については、それほど強くないレベルの紫外線放射や短波長光であっても、長期間暴露すると元に戻らなくなるほどの変化を引き起こすことを示している可能性がある。また、障害といえる程度でなくとも、網膜細胞への過度の刺激が眼精疲労の要因となりうる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/高エネルギー可視光線