7a5c67f4

1: 頭突き(東京都)@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 20:16:52.92 ID:vF0q83q60.net BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典
no title


今週末の31日(土)はハロウィーンです!
日本でもここ数年、様々なイベントが行われるようになりましたが、その起源は中世初期のアイルランドまで遡ります。
その昔あった「死者の祭り」──。
陽気なお祭りでありながら、なぜかホラーめいている、その理由はこの起源にあるのですね。
カボチャのくりぬき、仮装、トリック・ア・トリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ)など、時代とともにカタチを
変えながら、現代へと受け継がれたハロウィーン。その歴史からハロウィーンの謎をひもといてみましょう。

続きソース
http://www.tenki.jp/suppl/m_nakamura/2015/10/27/7331.html
ケルト人にとって、10月31日は一年の終わりと始まり日(日没が一日のスタート)という重要な日でした。
サムハインとは、夏が過ぎゆく日という意味。
今年の収穫への祝典が行われる日であると同時に、生きるものの世界と死んだものの世界を隔てる扉が開かれる日、でもあったのです。

天国にも地獄にも受け入れてもらえず彷徨っている死者の魂が、この日だけは家に帰り、家族と安らぎのひとときをともに過ごし、また戻って行く──。
こうした鎮魂の日であると同時に、人を惑わす妖精—たとえばゴブリン、精霊、悪霊なども開かれた扉からやってくるとされていました。

ケルト人の新年の儀式ではすべての火が消され、祭司によって新たな聖なる火が灯されました。この火は闇に対抗するように、太陽を称えるための焚き火であったといいます。


ハロウィン
ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハロウィン