1810_0

1:風吹けば名無し:2013/11/25(月) 18:53:13.55 ID:vNXLZNEm

ユダヤ人が世界を牛耳ってる説


ユダヤ陰謀論
歴史上の出来事が、ユダヤ人の陰謀、策謀のもとに起こったとされる考え。
かつてロシアでユダヤ人が世界征服を企んでいるとする、シオン賢者の議定書(プロトコル)が作成される。制作者はロシア秘密警察とほぼ推定されており、これは、当時ロシア民衆が持っていた不満をロシア皇帝からユダヤ人にそらす意図で作成された本と考えられている。1921年には英『タイムズ』紙の記者により捏造本であることが解明・報道されたが、すでにこの本を読んだ民衆は、内容を信じ込み、よりあからさまにユダヤ人の排斥運動(ポグロム)が起きるようになった。
ロシア革命において、この運動の影響力がさらに強まることtなる。ユダヤ人であったトロツキーはロシア革命で功績がありながら、もし彼がレーニンの後継者になると、まさにシオン賢者の議定書の予言が成就してしまう。このために彼は左遷されたとも言われる(レーニン自身もユダヤ系ではあったが)。その後、シオン賢者の議定書は類似本を含め世界中に広まり、それにより、「ユダヤ人による世界征服の陰謀」の話は世界的に流行した。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ユダヤ陰謀論