1: 野良ハムスター ★ 2015/11/11(水) 00:19:08.45 ID:???*.net
これはエイリアンの死体でしょうか?

カリフォルニアの女性がフェイスブックに投稿した不気味な生物の画像が議論を呼んでいます。

ジャンナ・ペポニスさんは、夜の11時半頃、何かが叫ぶ声を聞きました。
庭に出てみたところ、このピンク色のぬるぬるした生物が、M字開脚の姿勢(?)で倒れていたそうです。

ジャンナさん「私が見つけたときこの生物はすでに死んでいました」

インターネットではこの生物について「エイリアンの死体」「フェイスハガーか?」などと様々な意見が飛び交っています。

「死産したシカの胎児で、野生動物に体の一部を食われた」とする説もありますが、正体が特定されるには至っていません。

うしみつ注:クリックで開きます
no title


http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2435

img3679babezik2zj

フェイスハガー
宿主となる生物に寄生体を植え付けるための中間体。名前の由来は「Face(顔に)Hugger(張り付くもの)」。
人間の手に節足動物(特に甲殻類やクモ綱)を掛け合わせたような形態をしており、胴体は人間の顔ほどの大きさである。『AVP』ではサソリと仮称された事もあった。
俊敏に動き、8本の脚で宿主となる生物の顔面を抱え込む。さらに簡単に引き剥がされないよう、長い尻尾を首に巻きつける。力も強く、第1作では気密服を着用していたケインのヘルメットのフードを破って寄生体を植え付け、第2作ではリプリーの顔に貼り付こうとしたフェイスハガーを引き離すのに海兵隊員が2人がかりであった。
顔に張り付いた後は、巻きつけた尾で首を絞めて宿主を昏倒させ、腹部にある女性器状の器官から長い寄生管を伸ばして相手の口内に挿入、エイリアンの胎児を体内に寄生させる。一度完全に貼り付かれると外科手術で分離するしかないようであるが、傷をつけると強酸の体液が噴き出すため、除去は困難である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/フェイスハガー