1: あずささん ★ 2015/11/13(金) 17:40:12.00 ID:???*.net
核弾頭を搭載した大型魚雷のロシアの秘密開発計画が国営テレビで放送されてしまった問題について、ロシア政府は手違いだったと説明した。

プーチン大統領が南西部のソチで軍幹部と協議する様子を国営「チャンネル1」が10日に伝えた際、軍幹部のひとりが「壊滅的」な破壊力をもつ魚雷システムの資料を読んでいる様子が映しだされた。
それによると、潜水艦から発射する想定の魚雷は「放射能汚染を広範囲に及ぼす」と資料に書かれている。

「海洋型多目的ステータス6システム」と呼ばれるその魚雷システムは、「敵の沿岸部の主要経済施設を
破壊し、放射能汚染を広範囲に及ぼし長期にわたり軍事・経済その他の活動に使えなくすることで、敵国の領土に壊滅的な損害を確実に与える」ことを意図しているという。

ロシア政府のペスコフ大統領報道官は11日、「機密情報が画面に映し出されてしまったのは事実で、そのため後に削除された。今後はもちろん、このようなことがないよう防止策を講じる」と述べた。

米国防総省の報道官はBBCに対して、「ビデオ映像については承知しているが、信憑性についてはロシア海軍の案件だ」と述べた。

しかし政府系新聞ロシスカヤ・ガゼータは12日付で、図面を示さずに魚雷の詳細について報道し、放射性物質コバルトが搭載される可能性について言及。このため、テレビでの放送もミスではなかった可能性がある。

コバルト弾頭?

図面によると、魚雷の射程距離は「最大1万キロ」で弾道の深さは「最大1000メートル」。開発はサンクトペテルスブルクにある潜水艦設計のルービン設計局が担当しているという。

09852型ベルゴロド級と09851型ハバロフスク級の原子力潜水艦への搭載が想定されているようだ。

ロシスカヤ・ガゼータによると魚雷は、100ノット(時速185キロ)で自律的に水中を進む「ロボット式小型潜水艦」で、「あらゆる音波探知装置やその他のわなを回避する」能力を備えているという。
(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/BBC
http://www.bbc.com/japanese/34805825
画像
no title