168505393_624


過去記事再掲載について
サイト移転時にお蔵入りになってしまった過去記事の復活を行っていましたが、ようやくほぼ全ての記事のサルベージが終わりました。
復活掲載に関しては完了しましたが、しばらく古い記事に修正や手直しを加えたものを深夜帯、時事性の無い記事のみに限り引き続き掲載させていただきます。ご了承ください。
モス男、金子たちが居ない時期の古ーい記事もありますので、懐かしむ気分で楽しんでいただければ幸いです。
1: 32文ロケット砲(catv?)@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 07:34:51.23 ID:iAZ/TyIE0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
ドリコムは、現在配信中の人気ソーシャルゲーム『ちょこっとファーム』で、イベント『ごきげんジャングル』を開催いたします。
今回は、「ラフレシア」や「ウツボカズラ」を育てるとやってくる「ごきげんおさる」や「お花ワニ」などのかわいい動物を捕まえるイベントです。

http://www.4gamer.net/games/190/G019038/20151030024/

CTeQDIvUcAEfgFV

ラフレシア
ラフレシア(Rafflesia)は東南アジア島嶼部とマレー半島に分布するラフレシア科ラフレシア属の全寄生植物で、十数種を含む。多肉質の大形の花をつけるものが多く、中でもラフレシア・アルノルディイ Rafflesia arnoldii (日本語で「ラフレシア」と呼ぶ場合、たいていこの種を指す)の花は直径90cm程にも達し、「世界最大の花」としてよく知られている。この花の花粉を運んでいるのは死肉や獣糞で繁殖するクロバエ科のオビキンバエ属などのハエであり、死肉に似た色彩や質感のみならず、汲み取り便所の臭いに喩えられる腐臭を発し、送粉者を誘引する。
ヨーロッパ人ではシンガポールの建設者であるトーマス・ラッフルズの調査隊がこの植物を最初に確認した。確認された1826年当時はまだ科学がある程度しか進んでいなかったため、同行したメンバーは「人食い花ではないか?」と恐れたが、ラッフルズはそんな迷信を恐れず、花に触って無害であることを証明したとされる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ラフレシア